知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザ[file No.00]リフォームポータルサイト

納得のいくリフォーム業者選びのポイント!

多くの人がリフォーム業者を網羅した「リフォームポータルサイト」(ポータルは「玄関口」の意味)を利用しますが、
まず「良いポータルサイト」を選ぶことが、リフォーム業者選びの第一歩であり、成功のポイントです。
「リフォームポータルサイト」には、大きく二つのタイプがあります。

住設建材メーカーなどが運営するポータルサイト

大手の住設建材メーカーなどは、「自社製品の販売と施工を適切に行う」ため、各地のリフォーム業者を組織化し、ポータルサイトにて消費者にリフォーム業者情報を提供している場合も多く見受けられます。これはお客様自身でリフォーム業者を選べるタイプのサイトです。

リフォームで取り替える機器などをショールームで直接ご覧になり、工事したい場合は、そのメーカーが運営しているポータルサイトに掲載されている、お近くのリフォーム業者情報が安心で参考になります。

お客様を紹介する営利事業で運営するポータルサイト

多くの「ポータルサイト」はこのタイプで、お客様の利用は無料でサービスを受けられる一方、リフォーム業者はサイトの運営会社に登録料、会費、紹介手数料(工事費の6%程度)などを支払うことで運営されているものです。

お客様は、サイトに住所や希望する工事内容を入力するだけで、その住所を営業範囲としている複数のリフォーム業者から反応があり、その中から絞り込んでいくタイプと、サイトに掲載された業者情報から、お客様が業者を選び、サイトを通じ、工事契約へと進めていくものの二つのタイプがあります。

地域でお得意様をあまり持っていないリフォーム業者にとっては、チラシの配布などの広告費を使うより、工事費に応じた手数料を払っても、お客様の紹介が効率的に受けられるということで、このようなポータルサイトが成り立っているわけです。

(地面を掘り起こし、前面の道路から敷地内に、新たに水道管を敷き直している)

リフォーム業者選びは慎重に。

またリフォーム工事は、請負代金が500万円未満(税込)のリフォーム工事であれば「建設業許可」を所持していなくても、看板を掲げるだけで工事を請け負うことができます。

このため、リフォームは異業種からの参入も多く、また、トラブル事例もありますので、リフォーム業者探しは、価格だけでなく、実際のリフォーム事例の見学、営業の方の信頼感・相性はどうかなど、過程を踏んで慎重に決めていなかければなりません。

自分で探せる公正・中立なポータルサイト

数多くのリフォームポータルサイトの中で、異色の存在と言えるのが、この「リフォーム評価ナビ」というサイトです。

このサイトを運営する一般財団法人の「住まいづくりナビセンター」はどの企業系列にも属さない公正・中立の組織で、リフォームの市場環境の整備に寄与するため、行っているサイトです。その運営は一定の要件を満たした登録事業者からの会費等によっており、登録リフォーム業者の中にはお客様に「リフォーム評価ナビさんへ紹介手数料を払う必要がありませんので、その分を値引きしています」とお伝えしているケースもあるようです。

サイトの大きな特徴は、登録しているリフォーム業者を利用した人の口コミが中心になっていること。アクセスした人は、リフォーム経験者の評価を参考に、また、会社の情報も見比べながら、自分でリフォーム業者を選ぶことができます。つまり「一方的に紹介される」のではなく、リフォーム経験者の感想、意見を参考にしながら「自分で探せる」というところが大きな特徴になっています。

(「住宅履歴書」など、購入予定の家の情報を書類上でチェックしている)

口コミを参考に「自分で探せる」。

また、「リフォーム評価ナビ」のすべての登録事業者はリフォーム瑕疵保険の事業者登録を行っているので、リフォーム瑕疵保険に加入していれば、瑕疵の発生など、万が一の時でも安心です。

このサイトの「口コミ」は「自分のため」と「人のため」

多くのリフォーム業者が名乗りを上げて激しく競争しているリフォーム業界では、宣伝力の強いリフォーム業者が競争にも強いという傾向があります。また、専門知識はどうしてもリフォーム業者の方が多く持っているもの。そのため、「工事契約した後は、追加工事などリフォーム業者の言いなりにならざるを得なかった」というリフォーム経験者の不満の声も聞こえてきます。

しかし、情報量が少ない消費者だからこそ、「利用者の口コミ」はリフォーム業者選びの参考になります。さらに、このサイトの登録事業者に工事をお願いすると、工事完成後にお客様が直接、財団に投稿する「口コミ」で良い評価をしてもらいたいと考えるリフォーム業者は、お客様とも適度な緊張感をもって、お客様の納得できる工事を進めるよう努力します(「自分のため」)。また、口コミは一般財団法人住まいづくりナビセンターと、弁護士等の第三者から成る監視委員会によって、公正・中立な立場で公開・管理されます。工事後に書かれたお客様の口コミは、次にリフォームをしたい人の役に立つ情報となります(「人のため」)

こうして、良い仕事をするリフォーム業者が消費者の支持を得て育っていくという環境がつくられることは、リフォーム業界の健全な発展にもつながるのです。その意味でも「リフォーム評価ナビ」を皆様で、活用し、育てていきたいものです。

(購入予定の土地とそこに建つ住宅を、建築の専門家と一緒にみている)

口コミで満足のいく工事を実現

他の裏ワザも読む

マンションリノベーション

マンションリノベーション

マンションリノベーションで、まるでオーダーマンションのように生まれ変わる。

リフォーム瑕疵保険

リフォーム瑕疵保険

信頼できるリフォーム業者は「瑕疵(かし)保険」への対応の可・不可で見る。

キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

キッチンリフォームは計画が重要。

リフォーム費用

リフォーム費用

明確な見積りで安心・納得のリフォームを行う。

耐震リフォーム

耐震リフォーム

耐震リフォームは、自治体の「耐震診断」を有効に活用する。

屋根・外壁リフォーム

屋根・外壁リフォーム

傷みの早い屋根や外壁は、およそ10年を目安に賢くリフォーム!

トイレリフォーム

トイレリフォーム

トイレリフォームは、節水だけではなく高齢者にも配慮した計画を。

健康住宅

健康住宅

健康に暮らせるよう、自然の風を上手に通す。

改築・増築

改築・増築

改築にする?建替えにする?長期的な視点が失敗しないためのコツ。

口コミ・評判

口コミ・評判

難しいリフォーム業者選びは、経験者の口コミが一番頼りに。

マンションリフォーム

マンションリフォーム

マンションリフォームでは、フローリングは反響を抑える工夫が重要。

リフォーム補助金

リフォーム補助金

リフォーム時には、国・自治体の補助金を積極的に活用する。

浴室リフォーム

浴室リフォーム

くつろぎスペースとして注目の浴室は、機能の必要性もしっかり判断。

玄関リフォーム

玄関リフォーム

街に開いた玄関づくりで、地域コミュニティを重視した家づくりを。

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

本当に今必要?バリアフリーにリフォームする時は目的を明確に。

キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

デザインや機能性も含め、“わが家らしいキッチン”にチャレンジする。

ペットリフォーム

ペットリフォーム

ペットの環境も配慮して、人にもペットにも優しい住宅にする。

窓リフォーム

窓リフォーム

窓のリフォームは少しの工夫で、冷暖房の効率を大幅に上げることができる。

断熱リフォーム

断熱リフォーム

断熱リフォームは省エネ・健康面への効果が期待できる。

中古住宅リフォーム

中古住宅リフォーム

中古住宅は、物件探しの段階から専門家のアドバイスを受ける。

「健康で長生きする」ためのリフォーム

「健康で長生きする」ためのリフォーム

健康を保ちながら長生きするためには、断熱性の高い家であることが大切。

File No.0 リフォームポータルサイト:リフォーム業者選びの成功のポイントはポータルサイト選び|リフォームの裏ワザ