一級建築士が解説!失敗しないリフォームとは?
第5回 住まいをイメージし、見積もりを依頼する

リフォームにかかるお金のこと、気になります!

相談者東京都 Aさん(主婦)
中古住宅を購入し、初めてのリフォームを計画中。
良さそうな依頼先候補が見つかったので見積りをお願いしたいけれど、どうしたらいいですか?

あらためて整理した要望をきちんと依頼先に伝えましょう。

答える人三坂ゆう子(一級建築士)
設計事務所主宰。建築士などの資格を持つ住まいづくりのプロがお客様の相談にのる施設「住まいづくりナビセンター」の立ち上げにおいて中心的な役割を果たし、自らも住まいづくりの相談にあたっている。5人家族で趣味は読書。

将来の暮らしをイメージし、
依頼先への要望をまとめましょう。

長い年月の間に家族のライフスタイルは変化し、家族構成も変わっていきます。家や設備も老朽化が進み、使いにくいところもでてきます。 リフォームした家を大切に使い、長く快適に暮らしていくため、また数世代に渡って住み継いでいくためには、このような将来の変化をしっかり考えておかなくてはなりません。 大規模リフォームの場合には、暮らしの変化や家の老朽化にきちんと対応できるよう、将来を見据えた住まいづくりを意識しながら、あらためて要望をまとめておきましょう。

「長く快適なくらし」を実現する大規模リフォームのポイント

設備の取り替えやすさに配慮する
住まいの中で最も早く老朽化するのが、浴室やキッチンなどの設備機器類です。また配管設備の交換も必要になってきます。快適な暮らしを維持するためには、このような設備の交換に簡単に対応できることが大切です。設備廻りの仕上げ方を考えておく、配管ルートを分かりやすくしておくなどの配慮をしてもらいましょう。

リフォームしやすい家にする
子どもが独立したりご自身が高齢になったりと、家族構成やライフスタイルが大きく変化するときには、その変化に合わせて間取りを変えることでより快適に暮らしていくことができます。そこで考えておきたいのが、「リフォームしやすい家」かどうか。将来、部屋の間仕切りをとることが想定されるようなときは、あらかじめ構造もそれに対応できるように考えてもらいましょう。

住み替えに対応できる家にする
家族構成が変わって家の大きさそのものが合わなくなった場合や、別の場所に移り住むことになる場合など、住み替えが必要になることがあります。住み替えの場合、家を売るケースが多くなりますが、そのときに「どのように造られた家なのか」「家の資産価値がどの程度保たれているか」「どのようなメンテナンスを行ってきたか」ということがきちんと分かっていると、大変役に立ちます。新築時やリフォーム時の図面など、住まいづくりに関わる書類はしっかり保管しておきましょう。さらに、設備の交換やリフォームといったメンテナンスの記録を残して、「家の履歴書」を作っていくことが大切です。

イメージをきちんと伝え、
依頼先に見積もりをもらいましょう

リフォームの依頼先に要望をきちんと理解してもらうことは、意外に難しいものです。 納得の住まいづくりを実現するためには、お互いが同じイメージを持てるようしっかり意思を伝え合うことが大切です。

住まいのイメージをスムーズに伝えるコツとは

イメージファイルを活用しましょう
住宅のインテリアや外観などの写真で自分の好きなもの、嫌いなものを集めたイメージファイル。リフォーム検討時に作成したこのファイルは、家族の要望をまとめたり、依頼先にイメージを伝えたりするときに役立ちます。

実物を見て話をしましょう
依頼先の担当者と一緒に家具や内装などのショールームへ行き、実際のものを見ながら話をするのもいいでしょう。言葉や写真だけで伝えるよりも、より明確にイメージを共有することができます。

打ち合わせのときには、下記の5項目を心掛けましょう
1.打合せの前に伝えたいこと、質問したいことを書き出しておきましょう。
2.打合せの内容をメモ程度でよいので書き留めておきましょう。
3.問題がでてきたら、解決策を次の打合せできちんと話し合いましょう。
4.打合せの資料は、早めに受け取ってよく見ておくと話もスムーズに進みます。
5.できるだけ家族みんなで打合せに参加しましょう。
一般財団法人 住まいづくりナビセンター
安心、納得の住まいづくりに、プロのアドバイスを

明るく開放的なフロアに、住まいづくりの豊富な情報がそろう「住まいづくりナビセンター」。ゆったりとしたスペースでお話を伺いながら、一人ひとりの理想の住まいづくりを細やかにサポートしています。建築士などの資格を持つ住まいづくりのプロと、直接会って話すことができます。

詳しくはこちら

第5回:見積もり依頼のコツ|失敗しないリフォームとは?