ちょっと待って!カウンターキッチンのリフォームで考えるべきこと

登録事業者数
954
(2019年10月19日現在)

ちょっと待って!カウンターキッチンのリフォームで考えるべきこと

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザFile No.3 キッチンリフォーム1知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザFile No.3 キッチンリフォーム1

楽しそうな「カウンターキッチン」・・・でも、しっかり計画しないと意外に使いにくい。

対面型でシンクやコンロの向かい側が広いカウンターになっているキッチン。
子どもたちがスツールに座っておやつを食べたり、忙しいお父さんが朝食を済ませたり・・・
でも、意外に使いにくい一面もあります。

広いダイニングは不要なので、カウンターキッチンにしたけれど

水がとんでくることも。

「子どもたちは独立。大きなダイニングテーブルはいらないので、カウンターキッチンにして夫婦の食事はそこで。ダイニングテーブルがなくなった分は、リビングを広げて」と考えたあるご夫婦。確かにリビングは広々としたのですが、キッチンの対面側のカウンターが、意外に使いにくいと分かりました。

「ちょっとした間食程度ならいいのですが、やはり食事には向かない。水や油がはねるし、新聞を広げようと思ってもスペースがない。」とご夫婦は振り返ります。

いつの間にかカウンターは“物置”状態

街の飲食店で見たり、利用したりするかぎりは、確かに「カウンター」は良さそうです。しかし、店舗では、使いやすいような工夫が凝らされています。たとえば高さ一つとっても、店舗ではカウンター内の床が掘り下げられて視線の高さが合うように工夫されています。もちろん、カウンターは大きく広々として、スツールの座り心地も吟味されています。家庭用のキッチンセットを使いながら、店舗並の快適なカウンターをつくることは、実はとても難しいこと。結局カウンターは、中途半端な物置スペースになってしまう場合も多いのです。

キッチンのカウンターとダイニングテーブルを一体に

カウンターとダイニングテーブルを一体に。

カウンターキッチンを楽しむためにおすすめするのは、カウンター部分をダイニングテーブル並の大きなものにして、かつ、キッチンカウンターと同じ高さで一体のデザインにすることです。カウンターの気軽さと、食事スペースとしての充実という2つのことが実現します。その際には、キッチンの床を下げるか、ダイニングの椅子を高いものにするか、どちらかの対策も行いましょう。

カウンターキッチンにこだわらず、小さなテーブルと椅子を用意する方法も

小さなテーブルと椅子でコンパクトに。

カウンターキッチンは、ダイニングにいる家族と対話しやすかったり、カウンターに食器を置ける等便利な面もありますが、「家族の近さやコンパクトさ」を求める場合は、カウンターキッチンにこだわる必要は無いかもしれません。例えば、夫婦2人暮らしであれば、小さな2人用のテーブルと椅子を置くことでも実現できます。小さいので場所はあまりとらず、しかし、テーブルとしての使いやすさがあります。これなら、2人の食事スペースとしても十分に活用できます。

*全国の登録事業者が表示されますので、お住まいのエリアに絞って検索ください

他の裏ワザも読む

便利なマイページ
リフォーム完了までサポート

最大5社まで無料一括見積可能!

マイページ登録(無料)

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!

知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザ

人気の記事 ベスト3

注目の記事

リフォームポータルサイト

納得のいくリフォーム業者選びのポイント

  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録