玄関リフォームは土間やクロークをうまく活用しましょう

登録事業者数
958
(2019年11月18日現在)

玄関リフォームは土間やクロークをうまく活用しましょう

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザFile No.14 玄関リフォーム知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザFile No.14 玄関リフォーム

クロークを設けたり、土間を広く取れば玄関はもっと有効に使えるスペースに。

友人を招いたり、ご近所の顔なじみと玄関先で話し込むなど、最近は住まいを舞台にした付き合いが増えています。
また地域のコミュニティが見直され「住まいを街に開く」ことを考えている人も少なくありません。その接点となるのが玄関です。

大切にしたい地域のコミュニティ

社会の高齢化が急速に進み、また巨大地震の発生が高い確率で予想されるなか、地域のコミュニティの大切さが改めて見直されています。これまでプライバシーの確保が叫ばれ、道路側にはなるべく開口部を設けないようにするなど、街に対して「閉じた」住まいが少なくなかった都市部でも、逆に、街に対して「開き」、塀を設けずに、植栽などで緩やかに道路と敷地を分けるだけの、人を招き入れるような構えの住まいが増えています。玄関も、ただ家族が出入りするだけの空間ではなく、そこで近所の人と話しができる接客スペースとしての役割が求められるようになっています。

玄関を広くとって有効に使おう

土間の一角をコミュニティースペースに。

実際、訪ねてきた近所の人を家の中に上げようとすると大げさになりますが、玄関先に腰掛けることができるスペースがあれば、気軽なコミュニケーションの場になります。たとえば玄関を少し増築してホールを広くとったり、土間スペースを広げてそこにテラスなどで使うテーブルと椅子を置いたりすることが考えられます。土間続きにクロークスペースを確保すれば、玄関にはみだしがちなゴルフバッグや買い物用のカートなどもすっきりと収納することができ、それだけ玄関先が有効に使えます。

土間伝いに玄関から応接間に

靴を脱がなくてもいい訪ねやすい住まい。

また、玄関土間をそのまま庭側に延長すれば、来客は住まいの中に入らずに庭に面した和室や応接間などに進むことができます。靴を脱ぎ、家にあがるとなれば多少なりとも生活空間を通ったり、覗いたりすることになるため遠慮も生まれますが、これなら気兼ねがありません。近所の人が訪ねやすい住まいになります。

玄関を子どもが集まる「絵本図書館」にした人も

玄関を「絵本図書館」に。

「街に開かれた住まい」という発想をもう一歩進めて、玄関先をリフォームして近所の子どもたちのための「絵本図書館」にした家庭もあります。本が好きなその家庭には、たくさんの絵本がありましたが、子どもたちは成人し手に取ることはなくなっていました。

そこで近所の子どもたちに自由に読んでもらおうと、玄関とそれに続くリビングの一部をリフォームして、玄関ホールを広々とさせ、その一角に、絵本を収めた本箱を設けました。すると、ちょうど通学路に当たっているその家の玄関先には、下校時の生徒たちが腰をかけて、思い思いに好きな本を取り出して読むようになり、家の住人にとっても新しい生き甲斐につながりました。これも、玄関の新しい使い方のひとつです。

他の裏ワザも読む

便利なマイページ
リフォーム完了までサポート

最大5社まで無料一括見積可能!

マイページ登録(無料)

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!

知って得する!知って安心!リフォームの裏ワザ

人気の記事 ベスト3

注目の記事

リフォームポータルサイト

納得のいくリフォーム業者選びのポイント

  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録