Professional.3 一級建築士事務所 株式会社リフォームデザイン(神奈川県横浜市)vol.2

登録事業者数
949
(2019年05月24日現在)

Professional.3 一級建築士事務所 株式会社リフォームデザイン(神奈川県横浜市)vol.2

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

住宅相談室心株式会社 相模原

「住まい手自身でさえも気づいていない“本当の満足”を引き出すのがプロの仕事」
そう語るのは、35年以上リフォームに携わってきた『リフォームデザイン』代表の中山信義さん。
これまで2700件以上のリフォームを手がけてきたプロが考える、理想の住まいづくりとは。

"完璧"を目指すための取り組み

小規模な設備工事から大規模リフォームまで幅広く手がけていますが、特に得意とする分野はなんですか?
中山さん:私自身がもともと水回りリフォームの出身なので、特に水回りは得意ですね。キッチンやお風呂の組み立てなどは、メーカーに任せきりにせず、下地から組み立てまですべて自社で施工することができます。また、外構の設計を得意とする女性一級建築士の石井が在籍しているため、エクステリアのリフォームにも自信はあります。
写真の事例はまさにエクステリアのリフォーム事例ですね。
石井さん:もともとは外壁塗装と屋根の葺き替えのお話しで現地に伺ったのですが、実際に現地を訪れてみると幅2m、奥行き17mの細長いアプローチが特徴的なお住まいでした。ただ、倉庫として使われている隣地の仮囲いに圧迫感があり、その点はお客様も気になっていたポイント。そこで、あえて仮囲いとの統一感を出すために、門扉やポストをシルバーで統一し、ブルーをアクセントに配することで、楽しさのあるエントランスへと変身させるリフォーム計画をご提案しました。この事例は「TDYリモデルスマイル作品コンテスト2009」の優秀賞を受賞しました。分かりづらかった玄関が、道行く人が思わず足を止めて眺める様な玄関になったということで、お客様も非常に喜んでくださいました。
中山さん:設計に限らず、お客様自身が気づいていない“満足”を提案していくことも、プロの役割だと思っています。また、技術、営業、設計、コーディネート、施工管理、施工すべてがしっかり機能していないと良い住まいはできません。何事も完璧にこなすということは非常に難しいですが、完璧を目指して仕事に取り組む姿勢は持ち続けていくべきです。そのためには、仕事の領域が変わる節目、節目で必ず複数のスタッフが厳しい目でチェックするなど、具体的な取り組みが大切だと思っています。

プロたちが考えるよい住まいとは

最後に、みなさんが考える理想の住まいとは何ですか。
中山さん:デザインや日当たり、安全性などはもちろん大切ですが「風の通り抜ける家」というのも大きな条件です。住まい手にとっても、建物にとっても、風が停滞する状況は良くありません。エアコンや除湿器を付けなくても心地よく暮らせる家が理想的ですね。また、リフォームは単なる設備機器や建材の取り替えだけではありません。ひとつひとつの住まいに「この空間にしかない魅力」を見いだしていくことも、私たちが住まいづくりを続ける上で意識することですね。
嘉藤さん:やはりお客様の好みやライフスタイルにフィットした空間が、理想の住まいだと思います。本来、新築時にそうした空間を実現できるのがベストですが、現実的にはなかなか難しいですよね。壁の色や間取り、床材…など、自分好みの住まいを実現できるタイミングが、リフォームなのだと思っています。
竹下さん:家族みんなが暮らしやすく、それぞれの想いがつまった家が一番ですよね。ただ家族といっても、みんなが常に同じ方向ばかりを向いているとは限りません。家族みんなが同じ理想を共有することが理想の住まいへの第一歩かもしれませんね。
石井さん:理想の住まいは十人十色。明るさひとつとっても心地よさを感じるポイントは異なります。また、お客様自身が思い描いた住まいが、必ずしも本当に求めている空間とは限らないし、正解もひとつではありません。お客様が考える理想を最大限に取り入れながらも、数々の事例を扱ってきた専門家として快適な生活への橋渡しとなる提案をすることが、住まいづくりのプロである私たちの責任だと考えています。

代表事例集

※写真をクリックすると拡大表示します。

環境を活用するエクステリアリフォーム

住居スペースへと続く17mの細長いアプローチ
隣地のインダストリアルな仮囲いが迫る空間を積極的に取り入れ、楽しむことを目指したエクステリアリフォーム。
シルバー色で統一されたなかに、ブルーのモニュメントが遊び心たっぷり。
新たに塗装を加えた屋根や外壁のカラーとの相性も抜群。
住まいのシンボルとなるような美しいアプローチへと生まれ変わった。
TDYリモデルスマイル作品コンテスト2009年 優秀賞受賞
(施工費:260万円)

※写真をクリックすると拡大表示します。

ウッドの存在感が心地よい和モダンな空間へ

「夫婦の会話がもっと弾む和空間を」
そんな想いから始まったリフォーム計画。もともとキッチンとリビング・ダイニングが独立していた2つの空間を、 アイランドキッチンを採用したワンルームに変更。整然と並ぶダウンライトの下で 存在感を放つケヤキのダイニングテーブルを中心に夫婦の会話が飛び交う心地よい空間となった。
TOTOホームページ ネオレスト施工事例掲載作品
(施工費:700万円)

※写真をクリックすると拡大表示します。

朱色の柱が目を引く和モダンなリビング・ダイニング

同じマンション内での住み替えにともなうリフォーム。
これまでは少し手狭だったリビングスペースを隣り合う和室と一体化し、押し入れを対面キッチンに変えることでより広々とした間取りに変更。
「朱色が好き」という住まい手の趣向を取り入れ朱色の柱をアクセントにした和モダンなLDRを実現した。白色のフローリングやダウンライトの採用など全体にすっきりとした統一感を感じさせる空間はホテルに滞在しているような非日常の癒しの時間をさりげなく感じさせる仕上がりとなった。
TDYリモデルスタイルコンテスト2010 ブロック賞受賞
(施工費:300万円)

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録