Professional.5 株式会社青木工務店(神奈川県大和市)Vol.2

登録事業者数
1001
(2019年03月21日現在)

Professional.5 株式会社青木工務店(神奈川県大和市)Vol.2

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

株式会社青木工務店

「段取りも大変、工事も大変。そんな仕事の方が、現場は盛り上がる」
その言葉が物語るように、骨太で、職人気質な「青木工務店」の住まいづくり。
彼らが考える、良い仕事、良い住まいとは。

トイレを見れば、職人の腕がわかる

社屋のすぐ近くにモデルハウス「かながわ200年」の家を建てた意図とは。
青木さん:構造躯体の耐久性や、耐震性、省エネルギー性などの住宅性能にこだわり、構造材や羽柄材※1、内装や外装にも神奈川県産材を使用したこの住まいは、文字通りこの先の200年を見据えた「青木工務店」の集大成です。この住まいを見ていただくことで、私たちの仕事や住まいづくりへの姿勢を体感していただければと思っています。また、このモデルハウスには、もうひとつ特徴があります。それは、20代~40代の若手だけで作った家だということ。つまりこの家を建てたメンバーが50代、60代になる30年後にも、このレベルの技術を保っていけることの証明でもあります。住まいは、20年、30年と長く住み続けるもの。将来にわたって、確かな施工力を提供できることも、工務店の役割だと考えています。
[※1] 羽柄材(ハガラザイ)とは、構造材を補う材料や下地材のこと。具体的には、垂木(タルキ)・筋交い(スジカイ)・根太(ネダ)等を指します。
木造住宅に特化する「青木工務店」ですが、特に得意とするリフォームのジャンルを教えてください。
青木さん:耐震補修や省エネリフォームなど、技術者が介在する必要性の割合が大きなリフォームが得意です。もっとシンプルに言うと、工程が複雑で大変な仕事の方が好きですね(笑)。たとえば、同じ100万円のリフォームでも、外壁塗装とトイレの改修では、段取りや施工の複雑さが全く違います。外壁塗装だと、足場と塗装の工程を管理すればいいだけ。一方、トイレの場合は解体、木工事、水道、配線…など、より複雑です。商売として割が良いのは、もちろん前者ですが、作り手として気合いが入るのは後者。段取りも大変、工事も大変っていう仕事の方が、盛り上がってしまいますね(笑)。それにトイレは、住まいづくりの上で、すごく重要な場所なんですよ。
なぜ、トイレが住まいづくりの上で重要な場所なんですか?
青木さんトイレはサブの場所としてとらえられがちで、つい手を抜いてしまう施工業者も多いんです。ただ、トイレはお客さまが家の中で最もじっと座る場所。「壁紙が曲がっているな」「幅木が曲がっているな」というのが、すぐにわかってしまう。実は家の中でもっともごまかしがきかない空間です。トイレの工事が下手な施工業者は、ほかの部分もだいたい雑。だからこそ私たちはトイレにもこだわりますし、竣工検査の時には必ず座って隅々まで眺めるんですよ。
  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録