Professional.25 エバー株式会社(東京都品川区)

登録事業者数
949
(2019年05月24日現在)

Professional.25 エバー株式会社(東京都品川区)

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

エバー株式会社

外皮リフォーム(屋根・外壁など)に特化し、外注に頼らない社員職人と専属職人及びワンストップで行う営業管理で徹底した品質管理を実践している体制の裏側とは。

屋根・外壁といった外皮リフォームに特化した体制づくりを行っています。

貴社の特長や強みを教えてください。
江原さん:弊社は創業70年になりますが、当初の建材資材卸とその販売事業をベースに1982年にリフォーム部門を設立して現在にいたります。リフォーム全般に対応できますが、やはり全てできますというより、エバー株式会社の特長を出すために、特に屋根・外壁といった外皮リフォームに特化した体制づくりを行っています。住宅関連の業界は外注ありきの世界ですが、リフォームには高い経験値とスキルが必要ですので、弊社は古くから外注制度を極力減らし社員職人及び専属職人制(※)により、自社管理を徹底することで、施工品質の向上を常に心掛けています。
※エバーの仕事のみを専任で行う職方
リフォーム業で一番大事にされていることや、普段から心掛けていることについてお聞かせください。
江原さん:住宅はお客様にとって貴重な財産ですので、細かい部分から将来を展望した家づくりの提案までさせていただいております。国も積極的に支援していますが、住宅の資産価値を上げることがお客様にとって大事なリフォームのポイントだと思っています。そのためには、品質を高めることが重要です。リフォーム事業をスタートさせた頃の反省があって、徹底した自社管理による施工が大事になると思い、品質向上のために体制を改善しました。やはり外注先の職人に比べて自社の社員職人や専属職人によって施工する方が、工事に対する愛着や普段の会社に対する忠誠心が違います。そういった環境で仕事をすると必然的により良い施工ができることが長年の経験で分かっています。
時とともに変わるリフォームへの要望など、どのように対応していますか?
江原さん:時代の変遷により、住まいに対する価値観が変わってきていると思います。国も住宅のスクラップ&ビルドの時代から住宅の資産価値を高めて、次世代以降も充分に使える家づくりを提唱しています。クオリティの高い住宅は資産価値が高いので、中古流通価格も維持できますし、何より子や孫への財産を残せますので、次世代の家族がゼロから家をつくり直す費用を掛けなくて良いことになります。
また、弊社では「必需リフォーム」と呼んでいますが、給湯器交換をはじめ、老朽化して使いにくくなったキッチン、お風呂、トイレといった家の中のリフォームがクローズアップされてきました。それに対し、家の外観は『汚い』と評価が下がります。住まい手にとっても綺麗な家である方がプライドが持てますので、自宅を化粧する意識や街全体の景観に対する意識が昔と違って変わってきています。
さらに、省エネ意識が高くなっていますので、太陽光発電システムや、無駄なエネルギーを使わない断熱性能の高い建材や塗料を使用するリフォームの需要も確実に多くなってきています。弊社もそういったニーズに対応するように日々研鑽して製品の導入や施工技術を磨いています。
もちろん、お付き合いの深いお客様からは「必需リフォーム」のオーダーもいただく場合があります。その際は弊社が他社に丸投げするのではなく、「リフォームJV共同企業体※」という組織を作っていますので、その協力会社さんと一緒になって屋外と屋内のリフォームをさせていただいています。
※エバー株式会社の「リフォームJV共同企業体」
●TOTOリモデルサービス(株)東京営業所(旧:株式会社モローズ)
 『Reform Professionals –リフォームの匠たち– No.16』掲載。
●セキスイデザインワークス株式会社(旧:セキスイエクステリア株式会社)
●株式会社 高齢者住宅環境研究所
  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録