Professional.29 株式会社 内山木材建設(埼玉県入間郡越生町)

「施主以上にこだわる材木屋と良質な木の家づくり」を社是とし、社長をはじめスタッフ全員が、「これをすればもっと良くなる!」「もっと良い家にしたい!」と施主以上に熱い気持ちで、常にお客様に寄り添って家づくりを行っている。その内に秘めた想いを探る。

地域密着を旗印に「ターゲットマンション戦略」を実施しています。
文字サイズ変更標準大特大

貴社の特長や強みをお聞かせください。

内山さん:弊社の特長は、会社が材木屋ということもあり、上質な埼玉県産の木材を使った新築中心の家づくりを行っています。同様にリフォームも「自然素材を使ったリフォーム」をご提案しています。一生に何度もあることではありませんので、せっかくリフォームをするなら、冬は暖かく夏は涼しい家であり、床壁は無垢材や漆喰で空気も清々しく、臭いや有害物質の吸着率を高めるような素材を使うなど、付加価値のある家づくりをご提案しています。

リフォーム業で一番大事にされていることや、普段から心掛けていることについてお聞かせください。

内山さん:新築・リフォームを問わず、お客様と打ち合わせをする際には、私たちから余計な言葉を挟まず、お客様のご希望を全て伺っています。一通りご希望のイメージをお伺いしてはじめて、弊社の方からそのご要望に一つずつご回答させていただきます。視覚的にわかりやすいように3D CAD 設計ソフトを使って立体的に画像で見ていただきながら、同時にご要望を全て実現する際の詳細なお見積りも作成します。場合によってはお客様のご予算との開きもあることは分かっていますが、労を惜しまず具体的プランを見ていただくことで、しっかりとしたご判断ができるようにご提出します。そのやり取りに何十種類ものプランをお出しすることもありますが、本当に実現したいご自身の家づくりに後悔をしていただきたくないので、とことんお付き合いをさせていただいています。

その根底には「お客様と施工者側の家づくりのイメージが一致しないと失敗する」という思いがあります。お客様のご要望に対し、自分の家だったらそれをどうやって実現するか?と相手の立場で考えます。常に一緒になって家づくりをするように心掛けています。

お客様のリフォームへの要望は時代とともに変化してきていると思います。日頃感じることがありましたら具体的にお聞かせください。

内山さん:ひと昔前までは、家は住むアイテム。車は乗って移動するアイテムといった感じでした。しかし、今は時代が進んでネットなどから情報を簡単に入手しやすくなりました。その結果、人様の家の様子も簡単に分かりますので、ホームページなどで参考にしたい家の写真を見て、「こんな家にしたい」「こんな素敵なインテリアにしたい」など、ただ単に住む家の改善をするためのリフォームから、生活を楽しむことや、本当の喜びを味わえるリフォームがしたいという要望が多くなりました。

さらに、個性的な家を望むお客様は、標準的な提案ではなく、付加価値を望みますので、プラスαの提案ができる会社を探していると思います。
単純に設備交換だけのリフォームであっても、価格に反映されない一味加わった提案が好まれると思います。また、お問合せの初期段階では、3~4社の相見積りを取るケースも多いかと思いますが弊社は一切不問ですし、より真摯にご案内を心掛けています。お客様によってはお話している途中から、前のめりになる方がいらっしゃいますが、そういう方はほぼご成約をいただけています。

リフォーム評価ナビでも昨年は高額リフォームが5~6件ありましたが、今年もすでに4~5件ご相談いただいています。相見積りであっても、他社にはない一味違う付加価値リフォームのご提案があって、はじめて成約に至るのだと思います。

内山さん
株式会社 内山木材建設のプロフィール詳細はこちら

Professional.29 株式会社 内山木材建設(埼玉県入間郡越生町) |リフォームの匠たち