Professional.29 株式会社 内山木材建設(埼玉県入間郡越生町)

「施主以上にこだわる材木屋と良質な木の家づくり」を社是とし、社長をはじめスタッフ全員が、「これをすればもっと良くなる!」「もっと良い家にしたい!」と施主以上に熱い気持ちで、常にお客様に寄り添って家づくりを行っている。その内に秘めた想いを探る。

口コミはわが社の生命線です。
文字サイズ変更標準大特大

口コミの活用方法についてもお聞かせください。

内山さん:弊社にとって「口コミ」はとても重要な情報です。お客様にとって、自分の思い描いた家づくりを、完璧に仕上げてくれる工務店やリフォーム会社に依頼したいのは当たり前です。数多く候補がある中で、最終的に1社に決める際に、その会社がいくら良いことだけをPRしていても、それだけでは信用できないと思います。

その点「口コミ」は一種の「会社の評価証明書」みたいなものですので、お客様にはとても有効な情報になります。その重要性もあって、弊社はお客様に「口コミ」を書いていただくようにお願いしていますが、その際、本当に些細なことでも良いので、「こうした方が本当は良かった」など、良いことも悪いことも含め、本当の気持ちを書いていただくようにお願いしています。私も「口コミ」を読む立場で考えると、逆に、多少ネガティブ要素があった方が、その情報の信頼性が高まるように思っています。弊社への客観的な評価である「口コミ」を読んで、実際にご依頼いただいたお客様の期待を裏切らないよう、常に前向きに努力したいと思っています。

これからリフォームされる方にとって、リフォームする際に大切にしてほしいことは何か、アドバイスをいただけますか?

内山さん:一番大切にしていただきたいことは、準備を怠らないということです。一生に何度もないことですので、面倒くさがらず、家族間でも人任せにしないことが大事だと思います。家族内でしっかりリフォームの要望が整理できていないと、意見がバラバラになることがあり、打ち合わせ時にようやく内容の整理を始めることになりますので時間がかかります。整理ができていない状態のご依頼でリフォームが進行すると、場合によってはやり直しも発生しかねないので、時間も費用ももったいないです。

具体的には箇条書きで良いので、リフォームの目的をしっかりまとめることが必要です。ご予算もあると思いますので、リフォーム箇所の優先順位も決めておきます。家全体のことから、部分リフォーム、設備のことなどもしっかりまとめておくことが重要です。基本がしっかりしていれば、その後のメールのやり取りなどで履歴も残りますし、イメージに近い施工事例の写真などを送っていただくと施工側との共通認識も持てますので、リフォームの進行がスムーズにいくと思います。

これまで携わってこられて、一番印象に残っているリフォーム事例やエピソードを教えてください。

内山さん:総合リフォームをご依頼いただいたお客様の案件が印象に残っています。ご主人のこだわりが強いリフォーム案件でしたが、まるで新築のように新しい構造や施工のご要望がありました。弊社もそのご希望に応えられないのはポリシーに反しますので、試行錯誤しながら真剣に取り組みました。

ご予算も決まっていた中でのお話でしたが、とにかく実現させてあげたいという想いが強かったので、利益は度外視した施工になりました。会社として利益確保ができないなら、追加工事費用をお願いしたかもしれません。しかし、「利益という欲」が見えてしまった瞬間にお客様には分かります。「口コミ」の話題でもお話しましたが、後々良いイメージを持っていただけるなら、お客様に喜んでいただく姿が何よりも会社の利益だと思っておりますので、気持ち良くお受けできたことがとても思い出に残っています。

内山さん
株式会社 内山木材建設のプロフィール詳細はこちら

Professional.29 株式会社 内山木材建設(埼玉県入間郡越生町)[3/4]|リフォームの匠たち