失敗しないリフォーム業者選びのポイント

良いリフォーム業者と、良い契約を結ぶには、
まず「良いリフォーム業者検索サイト」を選ぶことが大切です。

知ってる?業者検索サイトのもうけの仕組み

ほとんどのリフォーム業者検索サイトは、リフォーム業者から成約手数料を得る営利事業
 
多くのリフォーム業者検索サイトは、お客様からはお金を取らない反面、リフォーム業者からは登録料・会費(数万~数十万円)成約手数料(工事費の6%程度)などを徴収しています。例えば、成約手数料を工事費の6%と設定しているサイトでは、登録しているリフォーム事業者が1,000万円の工事を受注した場合、なんと60万円もの成約手数料を請求します。
 
成約手数料を取るタイプの業者検索サイトの多くは、具体的な事業者情報はお客様に開示されていません。お客様がその業者検索サイトで住所や希望する工事内容等を登録すると、その工事内容に関心を持った事業者たちが自主的に手を挙げて、業者検索サイトを通じてお客様に問合せが届く、という仕組みになっています。
 
では、なぜ事業者情報を「非開示」にするのでしょうか。それはサイト運営者からすると、事業者情報を開示すると、サイトを通さないで、直接、お客様とリフォーム業者が契約できてしまうため、成約手数料が取れなくなってしまうからです。

知ってる?業者検索サイトのもうけの仕組み

業者検索サイトへ支払われる成約手数料は、ほとんどの場合、業者からお客様に提示される見積書には記載がなく、お客様に知らされることはまずありません。お客様の目に触れないので判りづらいのですが、実はお客様に対しても良くない影響が出る恐れがあります。
 
6%もの成約手数料は、リフォーム業者にとって当然大きな負担になっています。リフォーム業者は6%の成約手数料を支払うために、折込チラシなどの広告宣伝を減らしたり、自社の利益を削ったりするなど、様々な工面を行っています。また、場合によってはお客様に提供する資材のレベルを落としたり、工事に関わる人の質を下げたり、原価を下げるための取り組みを行っている場合があるかもしれません。
 
確実に言えるのは、成約手数料を課すリフォーム業者検索サイトは、リフォーム業者の利益を削り経営を圧迫している、という事実です。
 
自社利益を削られ原価を下げたいと考えている業者と、適正な利益を確保しお客様に真摯に向き合おうとする業者と、あなたはどちらに発注したいですか?
もし気になる場合は、業者を見比べる前に、リフォーム業者検索サイトを見比べてみてください。

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者には誰でもなれます。事業者選びは慎重に
 
一般の建設工事(請負代金500万円以上)は、
お客様(発注者)を保護する観点から、建設業法という法律で、建設業を営む者の要件や、請負契約の適正化、建設工事の適正な施工を確保するため、禁止事項などを定めています。
 
その中の一つに、建設業者は、主たる部分の施工に対して実質的に関与していなければならないことを定めた建設業法第22条(工事の一括下請負の禁止)の規定があります。
 
一括下請負の禁止の理由として、主に次の事項が挙げられます。
①発注者は技術力等の様々な角度から建設業者を評価して発注しているため、
   建設業者に寄せた信頼を裏切ることになる
②下請け発注により、工事の質が低下する可能性があると共に、
   工事施工の責任が不明確になる
③実際に工事をしない仲介者が利益を搾取するのを防ぐ 等
 
もし建設業者が違反した場合、営業停止などの行政処分を受けることになります。

リフォーム業者の選び方

一方、リフォーム工事(請負代金500万円未満)は、 
現在は法律の規制を受けないため、「建設業許可」を所持していなくても、看板を掲げるだけで工事を請け負うことができます。従って、工事を下請業者にすべて任せ、仲介だけを行う形態のリフォーム業が可能なわけです。(お客様へ提示する見積金額は、下請業者に支払う費用の1.5倍にしている場合もあるようです)

こうした背景により、最近は家電量販店、通販会社、百貨店、損保会社など、信用力を背景とした、住宅を本業としない異業種から参入するリフォーム業者も増えています。

住まいの状態は1軒1軒異なるため、住まいの状態に合わせて施工するには優れた技術力が必要です。また、永く住むためには、住まいのメンテナンスが欠かせません。リフォーム業者が継続して永くお客様の家を見ていくには、企業として一定の利益を得て存続していくことが必要であるため、安い費用のリフォーム業者が必ずしも良いとは限らないのです。

リフォーム工事は、そうした住まいの先を見据えて、お客様とリフォーム業者とが一緒に作り上げていく協働作業です。リフォーム業者を価格だけで決定するのではなく、実際の施工事例を見学したり、下請業者に工事を丸投げする仲介業者ではないか、地域密着で長いこと仕事をしている業者か、担当者の信頼性や相性はどうかなど、永くお付き合いすることをふまえて、慎重に決めていきましょう。

この場合、安易に業者に「まず、家を見てもらおう」と現地調査を依頼することは危険です。現地調査を依頼することは、見知らぬ業者を自宅に入れ、「家の状況、家族の状況、場合によっては財産」まで、業者に知られる可能性があり、次に「提案、見積り、契約へと」業者ペースで話が進みがちになるものです。
業者の情報は、ホームページだけでなく、口コミや評判など、業者に関するできるだけ多くの情報を集め、納得してから、初めの一歩、「現地調査」をお願いするようにしましょう。

リフォーム評価ナビの特長

自分で探せる、公正・中立な立場で運営する
リフォーム業者検索サイト

数多くのリフォーム業者検索サイトの中で、異色の存在と言えるのが、私どもの「リフォーム評価ナビ」です。

このサイトは、非営利の公正・中立な組織である、一般財団法人 住まいづくりナビセンター(理事長:坂本 功 東京大学名誉教授)が、リフォームの市場環境の整備に寄与するため、運営しています。

その運営は、一定の要件を満たした登録事業者からの会費等によっており、成約手数料を一切いただいていません。登録事業者の中には、お客様に「リフォーム評価ナビへ成約手数料を払う必要が無いので、その分を値引きしています」とお伝えしているケースもあるようです。このように、リフォーム評価ナビを利用してリフォーム業者と成約すれば、他の検索サイトより工事価格が安くなることも期待されます。

リフォーム評価ナビの特長

◆「口コミ」を参考に「自分で探せる」

リフォーム評価ナビは、登録しているリフォーム業者を利用した人の「口コミ」を中心に、事業者情報がすべて見られる「情報開示型」タイプのサイトです。リフォーム経験者のリフォーム業者に対する評価を参考に、複数の会社情報を見比べながら、自分の気に入ったリフォーム業者を選ぶことができます。

つまり、「一方的に紹介される」のではなく、リフォーム経験者の感想、意見を参考にしながら、リフォーム業者を「自分で探せる」ところが大きな特長になっています。

また、「リフォーム評価ナビ」のすべての登録事業者はリフォーム瑕疵保険の事業者登録を行っているので、リフォーム瑕疵保険に加入していれば、瑕疵の発生など、万が一の時でも安心です。(リフォーム瑕疵保険への加入は工事案件ごとに申し込みが必要です。リフォーム業者に確認しましょう。)

◆「口コミ」の投稿を宣言することが、良い工事に繋がる

リフォーム評価ナビの登録事業者に工事を発注する際は、工事完成後、お客様が直接、サイトに「口コミ評価を投稿する」ことを伝えましょう

リフォーム業界では、宣伝力の強いリフォーム業者が競争にも強い傾向があります。また、専門知識はどうしてもリフォーム業者の方が多く持っているものです。そのため、「工事契約後は、追加工事などリフォーム業者の言いなりにならざるを得なかった」というリフォーム経験者の不満の声もあります。

そこで、リフォーム業者には、工事前に「口コミ評価を投稿する」と伝えましょう。そうすることで、リフォーム業者は、お客様に満足していただける工事になるよう、適切な説明や提案を行ったり、丁寧な工事に繋がったりすることが期待でき、「自分のため」に役立ちます。また、リフォーム業者に対する口コミ評価を投稿することが、リフォーム業者の応援にも繋がります。

◆投稿した「口コミ」は、「人のため」に役立つ

さらに、お客様の書いた「口コミ」は、一般財団法人住まいづくりナビセンターと、弁護士等の第三者から成る監視委員会によって、公正・中立な立場で、公開・管理されます。工事後に書かれたお客様の「口コミ」は、次にリフォームをしたい人の有益な情報となり、自分自身が参考にしたように、次のリフォームを考えている「人のため」にも役立ちます。

こうして、良い仕事をするリフォーム業者が、消費者の支持を得ていく環境がつくられることは、リフォーム業界の健全な発展にもつながるのです。その意味でも「リフォーム評価ナビ」を皆様で活用し、育てていただきたいものです。

特集コンテンツ

知っておかないと損をする?リフォーム優遇制度 これは役立つ!リフォーム特集

失敗しないリフォーム業者選びのポイント