東京都福生市武蔵野台の高次住研 【一般社団法人 リ管士会】の魅力と特長

登録事業者数
1006
(2019年03月26日現在)

東京都福生市武蔵野台の高次住研 【一般社団法人 リ管士会】の魅力と特長

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

高次住研 【一般社団法人 リ管士会】 の基本情報にもどる

高次住研 【一般社団法人 リ管士会】の魅力と特長

高次住研 【一般社団法人 リ管士会】の他のページを見る

公認住宅リフォーム施工管理士と高次協力職人連が織り成す本物をご提供いたします。

●公認住宅リフォーム施工管理士 高橋 弘次郎

一番大事な信用力と未来へつなぐ実力に自信あります。

<弊社又は個人が所属する団体・有する資格など>

一般社団法人日本住宅リフォーム施工管理士協会 代表理事 

公認住宅リフォーム施工管理士

2級建築施工管理技士/ 国交省管轄 施工管理技士国家資格

ADR調停人   法務大臣認証日本不動産仲裁機構 

増改築相談員 公益財団法人住宅リフォーム紛争処理支援センター

公認ホームインスペクター(住宅診断士) NPO法人日本ホームインスペクターズ協会JSHI

 






新築は元より、リフォームこそ担当の施工管理士が必要不可欠なのです

   リ管士会HP   

弊社理念 「三方よし」 それはストレスフリー住宅の構築

昨今、不動産関連トラブルの中で住宅リフォームの施工品質や工期に関しての問題、また瑕疵や債務不履行等のストレスに関してのご相談が多くなってまいりました。  

そこで相談内容を一件一件精査していく中でひとつの共通点が見えてきました。  その共通点とは世間ではあまり問題視されていないがとても重要「盲点」だったのです。 

 

 住宅リフォームは人生の中でもとても大きなイベントのひとつです。  

通常リフォームを考えるとまず最初にリフォーム会社に相談をします。 それから営業担当者がお家に伺い要望などの話が始まります。 そこで営業担当者の姿勢や人柄を見極め信頼出来てはじめて契約へと進んで行きます。  

ここまでは通常通り問題は見当たりません。  しかしここから問題が徐々に発生し始めます。

リフォームというのは本来は建築・建設工事です。 そこでは営業担当者には絶対に代役が勤まらない「施工管理技士」という国家資格取得者がいます(要するに監督です)。  一括りに施工管理技士といってもリフォーム現場の監督が勤まるかどうかはその人の経験が大きく関係してきます。

新築の監督さんとは違い、同じ現場は二度と無いという表現が本当にあっているという位どんな状況にも臨機応変に対応し、経験知識をフル活動させて当たらなければならない現場が多いリフォーム担当の監督は貴重な存在なのです。 

 お客様は営業担当者との相性が合い信頼して契約を行います。 しかし、いざ工事となり皆様のお家の中には初めて会う職人さんだけが来て作業を行い帰る。 各職人さん達は毎日忙しく色々な現場を回っており、今までお客様と営業担当者が行っていた大事な打ち合わせ内容の十分な説明を受けておらず、ただ自分の作業だけを何も知らずに行っていく。 お客様が営業担当者との打ち合わせとちょっと違う? と違和感を感じ、職人さんに質問をしてみても 「担当さんに聞かないと分かりません」。 

 リフォームトラブルの相談内容では上記の様なお客様が不信感を感じる事例が多く見受けられます。

 大・小にかかわらず建築・リフォームには現場管理というものが有ります。 特に複数の業者が携わる現場では各業者の連携を工程表として作成し調整しながら工事を進めなければなりません。  

 例えば、今日来た設備業者は前工程の大工が想定外の腐食や劣化等の状況により工程通り終了出来ていない為、設備の施工が出来ないという事があります。 しかし、そこに来た他業種との連携をよく知らない経験少なの設備作業員が自分の仕事を無理に行ってしまえば、その結果瑕疵や不履行が生じてしまう恐れは大なのです。  

 この様に「工程管理」・「安全管理」・「品質管理」・「施工管理」と現場管理をしっかりと行えない者が担当者の場合、現場は全て忙しい職人さん達に「お任せ」きりになりになってしまいます。 そして工事が進まずに遂にお客様からのクレーム連絡を受けてやっと現場に営業担当者が顔を出し職人さん達に「何とかお願いします!」と頼んでみても、、、

どうにもならない状態に陥ってからでは本当にどうにもならないのです。  結局やり直しとなり工期が伸び、瑕疵や債務不履行が発生してしまうわけなのです。  

昨今流行りのDIYとは違い、住宅リフォームは新築よりも高度な技術や経験が必要とされ、昔の造りをよく知らない経験浅の作業員には知識も足らず出来ない作業が有るのも事実です。

 しかもその現場に相談出来る「監督が居ない」場合はどうなるでしょうか。 ここに問題の原因が有ることが見えてきます。    

 それぞれ専門分野が有り、お客様は営業担当者さんを信頼してリフォーム工事を発注して下さいます。そしてその後は信頼できる担当監督にちゃんと引継ぎをして現場管理をお願する。そこでは職人さん達が安心して良い仕事が出来る。 この形がお客様に対して最良のサービス提供ではないでしょうか。

 高次住研は、施主・会社(リ管士)・職人が正当な権利を享受できるという理想を掲げ「三方よし」ストレスフリー社会の実現を理念に、私たち資格者は今こそ集まり協力し、共に住宅リフォーム業界の進化と向上を目指しながら「住宅リフォーム施工管理士」の普及に取り組んで参りたいと思います。  

「三方よし」そこには「感謝」のエネルギーが循環しストレスは消滅します。 そして人の幸せが生まれます。

お一人でも多くのストレスフリー住宅の創造者が仲間に成ってくださる事を、心よりお待ち申し上げております。


https://re-kanshikai.com

世界トップレベル 時代の最先端技術で皆さまと一緒に私たちの故郷(地球)を輻射熱から守りたい・・・  

(一社)リ管士会も参加を始めた地球温暖化防止対策  地球最良の希望 「遮熱」  



北極では氷河が解け、洪水・干ばつが世界各地に起こる異常気象。 そして我が日本も例外では無く世界・地球規模の大問題となってしまった。 街を歩けば肌で感じる輻射熱(直達日射)・散乱日射、の異常な熱さ痛さ。 そしてもう私たちが本当に気付いた方が正常な地球温暖化の現実。 私たちの住宅の生活空間をどう熱さから守り、そして省エネ化するべきなのか? 省エネと言っても果してそのエアコンや暖房器具等が本当に正しい場所に設置され、正しい使用方法で使われているのか?  TOKYOインスペクションズは遮熱から見た最新の省エネインスペクションを開始。 熱(電磁波等のエネルギー)は輻射熱・対流熱・伝導熱、正しくその熱の性質や移動形態から導き出された材料や工法で省エネ建築やリフォームが行われていなければその効果は皆無に等しく、正反対の結果に繋がっている可能性が有ることを指摘する。


遮熱材は、金属の輻射熱に対して高反射率の性能を利用していますが、素材はそもそも金属です。金属は熱を伝え易い性質を持っています。熱を伝え易い物質は、結露の要因も持っています。

しかし、遮熱材の周囲環境を変える事により、逆に結露防止材として使用することもできます。例えば、食品関係の冷蔵倉庫の結露対策等には遮熱材が沢山使われています。このように、遮熱材はただ貼れば性能が向上するわけでなく、長期耐久性や最大限の熱効率を引き出すには、正しい熱の理論を知り、的確な施工法が必要となります。

私どもが取り扱っています商品は、開発・試作・試験を繰り返した結果製品化された高性能遮熱材です。

又、遮熱対策は適切な施工方法の実践や研究による最新の開発も常時行っていて、低コストで出来る数々の工法を開発し、弊社の加盟元は特許も取得しています。これらを総合して、40パターン以上の施工マニュアルを作成し、どんな条件下の設備や建物でも対応出来るようにしております

暑さ寒さは、気温(温度)と輻射熱の量で決まる。

気温25度でも、表に出るとジリジリ汗が出るほど暑さを感じます。思わず木陰や建物の影に入ると涼しく感じます。体温36.5度より低い温度なのに何故暑さを感じるのでしょうか。

これは、太陽からの輻射熱が人体に照射されることによって、体自体が温まってしまうためです。

下図は、日陰と日向の違いを描いています。ざっくりですが、風が吹いていると日陰も日向も温度も湿度もほぼ同じです。しかし、日陰に入ると明らかに涼しさを感じます。

 


 

遮熱をすると体感温度が全くかわります。室内30℃でも暑さを感じなくなります。無論、冬場は低温でも寒さを感じにくくなります。

体感温度が変わる事によって、エアコン等の冷暖房の使用頻度が大幅に減少します。

しかも、室内の熱を屋外に逃がしませんし、屋外の熱も室内にとり取り込みませんので大幅な省エネ・省コスト効果をもたらします。

 

 

遮熱する事により室内温度は外気温より下がります。更に輻射熱がカットされる事により体感温度が変わりますので、エアコンなしでもいられます。

したがって、屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる熱中症や暖かいところから、浴室やトイレなど寒いところに移動したとき、急激な温度変化によっておきるヒートショック。

さらには、冷房が強く効いたエリアに長時間いることによっておきる冷房症などの防止として効果があります。  

上記により、少しずつ、少しずつですが一軒一軒と一般家庭が遮熱による世界最高水準の電力削減を実践してゆけば、それは大きな工場の省エネ対策など比べ物にならない程の電力消費削減=CO2排出量の削減になると思います。 現在日本の発電所で一番多く使用されているのは化石燃料。 これを燃やすことによって発生する二酸化炭素CO2。 この温室効果ガス排出量の削減はもとより、いつの日か人の手による排出を完全に食い止められたならば・・・  

皆さまと共に、未来の子供たちのため・私たちの故郷(地球)のために、 日本発 国民による温暖化防止活動を実施し、そしてその行動が「まだ遅くはないんだ」と世界の人々に真実のメッセージとして送れる事に成るのではないでしょうか。

(要注意):遮熱工事には調査・計画・設計・施工マニュアルが必要不可欠です。 

私どもは遮熱のトップランナー日本遮熱加盟店として研修や勉強会・研究等を常日頃から行っており、現場の状況に沿った商品の品番と施工方法、その他の組み合わせがとても大事なのです。 

お客様に地球温暖化とは? 遮熱と断熱の違いは? どうして断熱よりも遮熱の方が費用対効果が大きいのか? 等々、分かりやすいご説明を行っております。


  

調査・施工に自信あり!  その理由は・・・

   高次住研協力事業者自慢の施工技術例

皆様の快適な住環境と 今後の不動産資産価値算定基準を見据えて

一般社団法人日本住宅リフォーム施工管理士協会 高次住研の腕利き協力事業者がどんな仕事でも笑顔で仕上げます。 地域密着の腕利き職人仲間たち(親方の下で長年の下積み時代を過ごした昔ながらの職人)による自信と誇りある施工。 もし何か不具合等ございましたらご連絡ください。

また、高橋一級建築設計事務所と連携しての耐震改修や、日本遮熱加盟による省エネ事業(遮熱による温室効果ガス排出量削減・地球温暖化防止事業)。 今後は皆様の大事な不動産資産価値も大きく変わって行き、地球環境の再生を伴う生活向上リフォーム(地球のリフォーム)が益々盛んになっていく事と思います。 

リフォーム事例1

ベットルーム専用洗面化粧台

襖・畳入替え

マンション内装リフォーム

マンション内装リフォーム2

工務店での現場・アフターサービスから得た貴重な知識と経験

長年、住宅アフターメンテナンスと検査機構の点検業務、そして現場監督を兼任していた多くの経験を活かしてのホームインスペクション(住宅診断)  2次診断の開口検査・内視鏡・赤外線カメラによる精密検査等にも対応

TOKYOインスペクションズⓇとは  

JSHI公認ホームインスペクターでもある私は、高次住研のサービスの1つとしてTOKYOインスペクションズⓇを実施しております。 1500回を超える住宅検査・修繕から得た経験知識を纏いながら、2次インスペクション(詳細調査)を経験豊富な事業者達と共に国家資格保有の建築施工管理技士が行い、お客様へ解りやすいご説明と解決方法をご提案しております。 その他、インスペクションの中でも人を心身ともに幸せに出来る方法として、人体に悪影響を与えるVOC(揮発性有機化合物)対策や、CO2削減による省エネ対策・北側部屋壁結露対策、西日対策等の解決に必要不可欠な専門インスペクション(専門性はとても大事です)も行っております。

お教えします。 貴方にも出来る住宅メンテナンス(お家の維持管理術)  

羽村市郷土博物館旧下田家住宅内囲炉裏にて (国指定重要有形民俗文化財)    弘化4年 1847年に建設された事が明らかになった羽村市の民家 

実際に住宅価値と耐用年数が格段に上がります。

 現在、日本の住宅建物固定資産税算定ルールでは凡そ20年~25年で建物の価値はゼロになります。  
これは何を意味するのでしょうか。 もし現在築35年の戸建てにお住みで、子供たちは家庭を持ち他に家を購入して出て行き、自分と妻だけになり、知らぬ間に住宅の経年劣化が進んでいて・・・  
これまで居住者にも見えなかった劣化がうっすら感じとれる様になってきた・・ そしてその家を売却してマンションにでも引っ越しをしたいと考えたその時に・・・

 このほど宅建業法改正により中古住宅の売買時に仲介業者は買主に対してホームインスペクション(住宅診断)を行うかの確認を、重要事項説明の一つとして3度(3度目は引き渡しの際に売主・買主双方を交えて確認)にわたって確認する事を義務付ける法案が参議院を通過しました。 2018年に施行されるこの改正法、だがもう既に良心的な仲介不動産会社はホームインスペクションを取り入れて中古住宅の売買トラブルを無くす努力を始めております。  個人間の売買でも同じこと、雨漏りや設備漏水・家の傾き・基礎・外壁等その他、様々なチェック項目が有り、居住者が気付かずに居た事も住宅診断の専門家が点検すると色々と見える事が有ります。 

しかし、日ごろから居住者がちゃんと手入れを行っていると経年劣化時期が大幅に伸びる事や抑止出来る事が世界的にも常識になっており、手入れの行き届いた中古住宅はたとえ築22年を超えていようとも建物の価値が認められ、売買時に土地値段だけではなく建物にも価値・値段が付く様に交渉できる時代に成りました。 第三者の立場を堅持したホームインスペクターが、問題は見当たらないという診断報告書を提出出来る物件であるならば、それはお家の売買時にとても有効に役立つと思います。 そのためには日頃から自分で出来るメンテナンス維持管理方法をホームインスペクターに教えてもらい、出来る範囲は自分で手入れを行っていた方が「[売却する]にしても、最後まで自分たちが住む [終の棲家] にするにしても、納得と安心できる住居と成る事は間違いないでしょう。 (勿論、ご自分で出来ない事は弊社にご相談下さい)  

わが日本はこの空き家問題を抑止し見事に解決して観せ、日本の未来を受け継ぐ子供たちに負の財産を残さない様に、私たちに出来る事はまだまだ沢山有るんだと確信しております。   

省エネ水まわりリフォームにも自信あり! その理由は・・・

高次住研×評価ナビ=

一般社団法人日本住宅リフォーム施工管理士協会

公財 住宅リフォーム紛争処理支援センター

特に人気の遮熱リフォームや水まわりリフォームは自信をもってオススメします。

ヒートショック問題は本当に深刻です。年間約15.000件が水廻り・特に洗面所とお風呂場そしてトイレで死亡事故が起きており、交通事故の死亡事故が年間約5.000件という数値から見ても住環境において水廻りのヒートショック対策がどれだけ重要かお解かりいただけると思います。 この問題を解消するために私たちは国交省補助事業の省エネ講習受講や日々の情報収集と研究を重ねており、ヒートショック対策(浴室暖房乾燥機や1階の床下断熱対策・窓断熱ガラス・遮熱系商品等)は各メーカーや建築関係者により日々対策が練られ、多数の素晴らしい商品が出てまいりました。  是非ご相談を頂ければ安全な住環境の各種ご説明・ご提案をさせて頂きますので ✉お問い合わせ(無料)よりご相談下さい。 

弊社では 営業・インスペクション(現況診断)・お客様とのお打ち合わせ・お見積り作成・施工(業者仲間と一体になって)・施工管理・お引渡しまで、全て高次住研スタッフで責任を持って担当させて頂いております。  


そして何と言っても通常他の事業者検索サイトを利用した際、お客様紹介料や成約料といったサイト使用料請求が弊社側に来ます。(これは各サイト運営会社様の運営上仕方ないことです) 
しかし、そのお客様紹介料・成約料等が一切かからない
国交省補助採択ポータルサイトのリフォーム評価ナビ★ 
おかげでその分をお客様に対して 評価ナビ割引 としてのサービスをご提供出来る様になりました。  

自社運営リフォーム評価ナビとの組み合わせにより、お客様に最大限のサービスをご提供させて頂いております。








  • 見積依頼(無料)
  • お問合せ

高次住研 【一般社団法人 リ管士会】 の基本情報にもどる

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録