床材の種類を総まとめ!それぞれの特徴や選び方のポイントを解説

登録事業者数
991
(2021年12月06日現在)

床材の種類を総まとめ!それぞれの特徴や選び方のポイントを解説

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

床材の種類を総まとめ!それぞれの特徴や選び方のポイントを解説

新築やリフォーム時に決める機会があるのが、各室内に使用する床材です。床材は部屋の用途によって最適なものを選ぶ必要があるため、床材選びに悩む方も少なくありません。

また、それまでに使っていた床材とは別の種類を導入してみたい場合であっても、それぞれの床材がどのような使用感なのか、どのような用途に向いているのかが分からないままだと、適切な床材を選ぶことは難しいでしょう。

そこで今回は、床材の種類はどのようなものがあるのか、各床材の特徴やメリットを解説していきます。床材を選ぶ際の注意点もご紹介するので、参考にしてみてください。

フローリングには無垢と複合の2種類がある

室内向けの床材として使用されることが多いのが、木を素材とするフローリングです。

フローリングは触れた時の感触がソフトで肌ざわりが良く、自然な見た目や質感で部屋になじませやすい特徴があるため、多くの住宅で取り入れられています。

フローリングは「無垢(むく)フローリング」と「複合フローリング」の2種類に分けられます。同じフローリングであってもそれぞれの特徴やメリットが異なるため、住宅にフローリングを採用する際はどちらを選ぶのかを事前に考えておくことがポイントとなるでしょう。

以下では、無垢フローリングと複合フローリングについてそれぞれ詳しく解説します。

無垢フローリング

無垢フローリングとは、切り出した木材をほぼそのままの自然な状態で利用する「無垢材」を使ったフローリングのことを指します。

後述する複合フローリングとは違い、他のパーツを切り出した木材に重ねることは基本的にせず、単層の状態で使用します。そのため、「単層フローリング」と呼ばれることもあります。

無垢フローリングのメリット

無垢フローリングは、フローリングの中でも肌触りが良いものが多いため、足への負担が少なくなりやすい特徴があります。触り心地の良さだけではなく見た目の質感にも優れており、室内をナチュラルな雰囲気にしやすいでしょう。

水分の吸水と放出を行う「調湿効果」に優れ、自然を感じられる「木の香り」でリラックスできるメリットもあることから、無垢フローリングは全体的に過ごしやすい室内空間を作りやすいという特徴があります。

また、通常であれば経年劣化によって付くことが避けられない床の傷なども、無垢フローリングであれば味わい深いデザインの一部として利用することができます。

無垢フローリングのデメリット

無垢フローリングは調湿効果に優れていますが、同時に水分に弱いというデリケートな特徴を持っています。

具体的には、水分を吸収することによって木材の収縮や膨張が起こり、床に反りや隙間ができてしまうことがあります。

そのため、水気のあるものを床にこぼした際にはすぐにふき取るなどの工夫が必要になるでしょう。

また、複合フローリングに比べて施工の難易度や木材の品質が若干高めで、その分工事の施工費用が高くなるケースもあります。

複合フローリング

複合フローリングは合板や集成材と呼ばれる素材の表面部分に、木材やシートを貼って使用するフローリングのことを指します。

防音加工や床暖房対応といった様々な用途に合わせやすいことから、現在は無垢フローリングよりも複合フローリングが使われている住宅が多いでしょう。

複合フローリングのメリット

複合フローリングは木材をベースに様々な板やパーツを組み合わせて作ります。

そのため無垢フローリングのように水分を含むことによる木材の反りや膨張などが起こりづらく、全体的に安定しています。

また、複数の素材を組み合わせて作る性質上、デザインや機能の選択肢も豊富です。

たとえば、摩擦や摩耗に強く傷や凹みが付きにくい製品や、木材でありながら大理石のようなデザインになっている製品などがあります。

そのため、様々な特徴を持つ床材の中からご自身に最適なものを選びやすいメリットがあるでしょう。

複合フローリングのデメリット

複合フローリングには、無垢フローリングのような優れた調湿効果がありません。さらに、無垢フローリングよりも質感のソフトさや肌触りの良さが若干劣ることがあります。

また、深い傷が付いてしまった場合の補修方法が無垢フローリングよりも限られることに注意が必要でしょう。

無垢フローリングであれば生活の中で付いてしまった傷を味わい深さに活かすこともできますし、傷が付いた箇所を削ることできれいな状態に補修することもできます。

しかし複合フローリングの場合は削って補修することが難しいため、基本的に傷が付いてしまった場合はフローリングの貼り替えが必要になります。

フローリングに使われる木材とは?

フローリングに用いられる素材として様々な種類の木が使用されていますが、使われる木材は大きく分けて針葉樹と広葉樹のふたつに分けられます。

使われる木材によってもフローリングの特徴が変わりやすいため、フローリングを選ぶ際は木材の種類にも注目すると良いでしょう。

ここでは、針葉樹と広葉樹を使ったフローリングの特徴について、それぞれ解説していきます。

針葉樹

針葉樹を使った木材は広葉樹に比べて柔らかく、肌触りが良い特徴があります。そのため主に無垢フローリングに使用されることが多いです。

肌触りがソフトなため傷がつきやすいデメリットもありますが、傷を味わい深さを引き立たせることに利用でき、削って修復することもできる無垢フローリングであれば、そのデメリットをカバーできるでしょう。

無垢フローリングに使用される針葉樹の例としては、全体的に白く明るい印象の「パイン」や耐水性に優れ香り高い「ヒノキ」といった日本国内でもよく見られる木が挙げられます。

広葉樹

広葉樹を使った木材は針葉樹の木材に比べて硬めですが、水分による反りや膨張が起こりにくい特徴を持っています。そのため基本的には複合フローリングの表面部分に用いられることが多いでしょう。

フローリングに使用される広葉樹の例としては、耐久性や耐湿性に優れる「チェスナット」や、硬く重厚な質感を持ち、くっきりとした虎班(とらふ)模様が特徴の「オーク」が挙げられます。

広葉樹の木材は全体的に色合いに深みがあることが多いため、広葉樹を使ったフローリングは落ち着いた高級感のある雰囲気を引き立たせることができます。

フローリング以外の床材の種類

住宅に使われる床材の種類は、フローリングだけではありません。それぞれの種類が持つメリットやデメリットを把握しておくことで、より住宅に合った床材を選びやすくなるでしょう。

ここでは、フローリング以外の床材の種類を複数挙げて、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

クッションフロア

クッションフロアとは、塩化ビニール樹脂という素材を用いた床材を指します。

素材がビニールなため水や油をはじきやすい性質があり、床の水汚れや油汚れをケアしやすい特徴を持っているため、掃除やお手入れがしやすいというメリットがあります。

また、感触の柔らかいクッション性の素材を床の裏側部分に使用しているため、歩行時の足の負担や転倒した際のケガのリスクを軽減できるでしょう。

ただし、クッションフロアは使い勝手に優れる反面、質感やデザインの面で他の床材よりも安っぽく感じてしまうことがあります。

そのため、見た目よりも使い勝手を重視したい方におすすめの床材といえるでしょう。

カーペット(タイルカーペット)

現在では少なくなっていますが、肌触りのよさやデザインを重視して床一面をカーペット仕上げにする住宅もあります。

カーペットやタイルカーペットは、断熱性に優れていることが特徴です。その見た目の美しさだけではなく、冬場であっても冷たい床に触れることなく室内を移動できるメリットがあります。

しかしその反面、水拭きができず掃除やお手入れに手間がかかるデメリットがあり、ダニの温床になりやすい弱点があります。

また、高齢の方が住む住宅であればカーペットの断熱性はメリットになりますが、車椅子やキャスターでの移動がしづらくなってしまうバリアフリー化のデメリットがあります。

床全体をカーペットにする際はデメリットを事前に把握しておくことが重要といえるでしょう。

畳は従来から日本の和室に採用されてきた伝統的な床材です。

基本的にはイグサという植物を織って敷物を作り、床に敷き詰めていきますが、近年では化学繊維やパルプをイグサ状にして畳に加工した製品もあります。

畳は無垢フローリングのように調湿効果に優れる特徴を持っているため、和の趣を感じつつも快適で居心地の良い空間を作りやすいです。

しかし畳は専門業者による定期的な張替えが必要になり、ダニの対策も必要になるといったメンテナンスの手間がかかるデメリットもあるため、注意が必要でしょう。

石材

大理石などの石材はお風呂やキッチンといった水回りの床材に使用されることが多いですが、見た目やデザイン性を重視した住宅であれば、リビングやダイニングに採用することもあります。

石材を床材に採用するメリットは、高級感のある上質なデザインを部屋に取り入れることができる点にあります。

特に、天然の大理石で作られた床材であれば、一般的な石材を使用したものよりも高級感のあふれる魅力的なお部屋にしやすいでしょう。

一方、石材を使用した床材は表面が非常に硬く、ふとした転倒が大ケガにつながる危険があるため、高齢の方や小さなお子様が住む住宅には不向きな場合もあります。

タイル

タイルは陶磁器を素材とする床材で、質感や使い心地は石材に近いものになっています。

全体的に製品が多く、色や柄などの選択肢が豊富なだけではなく、石材に比べて価格も安い傾向にあります。

そのため、費用を抑えつつ独創性のあるデザインを追求したい方におすすめの床材といえるでしょう。

しかし、材質が石材に似ているため、表面の硬さや冬場の冷えやすさに注意が必要です。さらに夏場は目地の部分からカビが繁殖しやすいため、季節ごとのメンテナンスや対策が必要になる床材でもあります。

床材を選ぶ時に注意すべきポイント

住宅に取り入れる床材を選ぶ時は、素材や種類ごとの特徴に注目するだけではなく、床材の選び方にも気を付ける必要があります。

ここでは、どのような基準で床材を選べば良いのか、選び方のポイントを解説していきます。

それぞれの場所に適した床材を選ぶ

床材を選ぶ時は、「それぞれの場所に適した床材をその場所ごとに選ぶ」ことが大切です。

たとえば、質感が柔らかく足が疲れにくいクッションフロアであれば、室内で過ごす時間が長いリビングに採用することで、クッションフロアの強みを十分に活かすことができます。

また、それぞれの素材が持つデメリットを考慮して場所と素材を選ぶことも有効です。具体的には、「水分によって反りや膨張ができやすい無垢フローリングは水回りに使わない」などの選び方は効果的といえるでしょう。

全ての居住者にとって過ごしやすい床材を選ぶ

床材選びで忘れてしまいがちなのが、その床材を使用した「過ごしやすさ」です。

この時、自分だけではなく全ての居住者にとって室内での時間が過ごしやすくなることを意識するのがポイントです。

たとえば、同居する家族に車椅子を利用する高齢の方がいる場合は、移動に支障が出るリスクを考えて、カーペットなどをリビングや廊下などに使うことは控えるべきでしょう。

また、高齢の方に加えて小さなお子様がいる住宅であれば、転倒によって大ケガをするリスクをあらかじめ考慮することも大切です。

その場合、質感が柔らかく転んでも大ケガにつながるリスクを軽減できるクッションフロアなどの床材を導入することを検討してみましょう。

適切な床材の選び方をリフォーム業者に相談する

床材は居住者の使い心地を意識しながら、適切な箇所に適切な素材のものを選ぶことが重要です。

しかし、ご自身のみで全てのポイントを網羅した床材を選ぶことに、難易度が高いと感じることもあるでしょう。

そこで、新築やリフォームにあたって床材を選ぶタイミングで、リフォーム業者やプランナーなどに、住宅内の各箇所にはどのような床材を選べば良いのか、アドバイスをもらってみることをおすすめします。

事前にプロの目線から着実なアドバイスをもらうことで、設備と相性の悪い床材を導入してしまうなどのリスクを軽減できるメリットもあります。

可能であれば、床部分のリフォームに関する実績やノウハウが豊富なリフォーム業者を事前に調べておき、複数の業者に相談や見積りを依頼するのが良いでしょう。

まとめ

ここまで、床材の種類ごとにそれぞれの特徴やメリット・デメリットをまとめて紹介しました。

床材を選ぶ時は、導入予定の場所に適した素材のものを選ぶことが重要です。

また、可能であれば床材を検討する段階でリフォーム業者に相談して、本格的に導入する床材を決定する前に、適切な床材の選び方に関するアドバイスをもらうことが効果的といえるでしょう。

*全国の登録事業者が表示されますので、お住まいのエリアに絞って検索ください。

(2021年11月8日掲載)

特集コンテンツ

知っておかないと損をする?リフォーム優遇制度知っておかないと損をする?リフォーム優遇制度 テーマ別リフォーム特集テーマ別リフォーム特集

便利なマイページ
リフォーム完了までサポート

最大5社まで無料一括見積可能!

マイページ登録(無料)

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録