京都府京都市下京区のリフォーム R’Fosy (リフォシー)の魅力と特長

登録事業者数
946
(2019年08月18日現在)

京都府京都市下京区のリフォーム R’Fosy (リフォシー)の魅力と特長

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

リフォーム R’Fosy (リフォシー) の基本情報にもどる

リフォーム R’Fosy (リフォシー)の魅力と特長

リフォーム R’Fosy (リフォシー)の他のページを見る

リフォシーのリノベーションスタイル

■ 創業15年約1000組、全てのお客様にご満足をしていただきたい ■

ビルの外観(京都リサーチパーク8号館)

広々とした打ち合わせスペースもございます

事務所の入り口です。赤い壁が印象的。

気持ちを込めたリフォームにこだわっております

リフォシー株式会社は2003年の創業以来、おかげさまで1000組様のお家のリフォームを承ってまいりました。 戸建、マンション、店舗、多くのケースがありました。どれも、お客様の特別な想いのつまったリフォームです。 

 

当社のリフォームのこだわりは、「お客様以上の想いでリフォームに取り組むこと」。

お客様のご提案を叶えることはもちろん、当社のこれまで培った経験を生かしリフォシーにしか出来ないご提案をするということです。

 

■お客様のニーズを掘り下げ、実現する

幅を広げて大きな会社を創ることなく、京都で小さくても、人との繋がりで成り立つ会社を目指しております

------------------------------------------------― 

全てのお客様の案件を、代表である私が責任を持って把握・管理しております。リフォシーのリフォームは2003年の創業当時から、15年経った今でも、そのポリシーは全く変わりません。

 当社にとって、11組が大切なご縁と考え丁寧に仕事をさせていただきます。

 

■無駄を省き、価格以上のクオリティと安心

責任を持って自社で一貫施工。耐震診断やアフターケアも

--------------------―-----------------― 

リフォシーは、設計から施工まで一貫して行い、工務店などに下請けに出しません。

最大限にお客さまのご希望を実現化できる様に、品質を落とさず無駄を省くことで、コスト面にも完成度にもご満足していただけるリフォームを行なっております。

当社はまた、アフターケアや耐震構造を大切にしております。安心して暮らせる家の基本です。

工事後は工事内容に合わせた保証書を発行しており、迅速に安心して頂きけるリフォームのお手伝いをしております。

 

さらに、専門の耐震診断士が耐震診断書に基づいて、計算に基づいた必要な補強をご提案。

補強工事とリフォームを同時に行うこともできますので、経済的に耐震リフォームをご提案させていただけます。

安心安全、高品質で丁寧な仕事、それに意匠へのこだわり。当社が目指すのは、3点のバランスが良く、末永くお付き合いお住まいいただける住まいです。

 

■お見積もりにも心を込めて

3社以上の会社との相見積もりはご遠慮いただいている理由

 ----------------------------------------

当社は、ご提案に関しまして、経験のある耐震診断士による耐震診断を行い、計算に基づいて、安心頂けるお住まい、店舗のご提案をさせて頂いております。

当社はすべて自社で構造計算から図面作製、お見積、パース作成申請業務等を外注せずに、行っております。

少人数のスタッフで、お客様と真剣に向かい合ってお時間をかけて、取り組んでおります。 

しかし、当社の気持ちと異なり、当社のご提案の図面と耐震計算書等をそのまま、流用して、他社工務店様で工事されるケースがございます。

 

お客様も当社と一緒に真剣に検討して頂きたく、当社では3社以上の競合の際はお断りさせて頂いております。
ご理解の程よろしくお願い致します。

 

■リフォシーのスタッフより

我が家が一番!の場所であってほしい。

------------------------------

毎日過ごす住まいは、居心地のよい空間であってほしい。

我が家が一番と思える場所である幸せを、お客様に感じていただきたい。

 

「カフェのようなリラックスできる空間にしたい」「キッチンが中心のリビングになったらいいな」「静寂と空間を愉しむ部屋を」など、住まいの理想は多くあるもの。

そんな理想の住まいにリフォームし、毎日を心地よく過ごしていただけるようにカウンセリングから完成まで全てのスタッフが気持ちを込めて行っております。

 理想のライフスタイルは理想の住まいから。リフォシーは、思いやりとこだわりを持ったリフォームを行っております。


 

精密診断も依頼できる、耐震工事に強い会社

自治体の助成制度も相談可能

複雑な計算が必要になる精密診断は、技術も実績も豊富な我が社だから実現。

安心してリフォームを進めていただくためにも打ち合わせは綿密に。

社内は風通しがよく、打合せも工事もスムーズ。何でも話せる雰囲気があり、スタッフや現場とのチームワークのいい仕事ぶりにもつながっています。

お客様とのご縁を大切に、アフターケアも重視しています。

│「耐震精密診断」も依頼できる、耐震工事のプロがいる会社
■─────────────────────────────────────────
 
 
「大きな地震がきたら心配だから」と、耐震工事を希望されるケースが増加しています。
“安心”は建物の必須条件です。

「コストをかける以上は安心できる家にしたい」というお客様のご要望に、経験豊富な
各分野の耐震工事担当がコワークを組み、高い専門技術力でご対応します。
一般的な耐震診断はどの会社でも行っていますが、当社は建物全体の耐力の診断だけで
はなく「基礎」や「水平・鉛直構面」「接合部」といった各部分ごとの耐震検証も行っております。

診断結果をもとに、改修の必要性が高いものについては、更に精密診断を行った上で
ご納得して工事の最終判断をしていただくことが可能です。
“家の弱いところを補強する”という、計算に基づくバランスの良い耐震工事が行えます。
もちろん改修後のアフターケアも充実。お引き渡し後も耐震診断を承っております。



│意識の高いスタッフで構成されチームワークは抜群
■─────────────────────────────────────────

“デザイン面や価格面はもちろん、お客様にとって「施工面」からもご安心・ご納得いただける
高品質の建築をご提供したい。”

当社のスタッフはそういう想いで1つ1つの仕事に取り組んでいます。
お互いの意識が共有されているからこそ、チームワークは抜群です。

社員は設計や打ち合わせだけでなく現場応対も欠かしません。
「社内大工」による確認作業を都度行いながら丁寧に工事を進めていきます。
価格は無駄を省きつつも、品質のパフォーマンスは最上級だと自負しております。
心を込めた建築です。

ご予算でお悩みのお客様も、当社は自治体の助成制度にも精通しておりますので、
お気軽にご相談ください。 

大空間を耐震補強し、味わいあるカフェ風に

長岡京市 Tさんのお住まい

間仕切りをなくして、広々としたリビングに。床はオークで、壁面収納は現場の大工が手作りしました。

作業台にちょうどいいカウンター兼テーブルは古材を使って造作。

ステンレスのキッチンをアレンジ。洒落たオープンシェルフも造作しました。

リビング続きのバルコニーが誕生し、素敵な時間を満喫できる空間に。

■リフォームのきっかけ

住みながら外壁のリフォームと雨漏りの補修をしようと依頼されたTさん。
以前から耐震性能が気になっていたこともあり、安心して暮らせるようにと耐震リフォームも依頼され、
全フロアにしっかりと補強を施しました。

■リフォームの内容

全フロアにしっかりと補強を施した上で、柱や壁をなくし、広々としたリビングへ大改装。
雑貨が好きで、味わいがある雰囲気が好きなTさんに、カフェっぽいキッチンや壁を黒板にするアイディアを提案。ステンレスのキッチンをアレンジしたり、空間に合う造作もたっぷり。
「イメージを共有できる家作りのパートナーと出会えたことで、大満足の空間に仕上がった。」と、喜ばれています。

孫世帯用の玄関を新たに設け、友人が集うロフト付きLDKに

京都市 Fさんのお住まい

和室2間は、天井を上げて梁を見せることで、開放感のあるLDKへと大変身。耐震補強工事も行い、立派な梁にはお子さんたちのブランコも。

キッチンの左隣には、お子さんたちのスタディコーナーを、大工の手仕事で造作。

新しく誕生した玄関。生活動線を分けた二世帯仕様で、気兼ねなく暮らせる家に。

■意外な提案が決め手に 和室の続き間が大変身
83才の祖母と同居されているFさん。若いFさんとはライフスタイルが異なることから、「友人を招く際もお互いに気兼ねをしない家にしたい」と、玄関を分ける二世帯住宅へのリフォームを検討されました。
1階でのFさんたちの生活空間は和室の2部屋のみ。限られたスペースだけに、同時に検討した他社からは「キッチンは玄関入ってすぐ」という提案がほとんど。キッチンを部屋の奥に配置することで、LDKの広さを確保し、天井を上げて梁を見せることで、ロフトを設けるプランを提案。新しく生まれた玄関には収納スペースもたっぷり設けられています。
「思いもしないロフトも誕生し、もともとあったりっぱな梁も活かせて、予想以上の仕上がりです」と、喜ばれています。

リゾートハウスの様な3階建全面リノベーション

京都市左京区 Kさんのお住まい

LDK中央の黒い柱は、既存の鉄骨です。敢えてクロスを巻かずに再塗装のみでスッキリと仕上げました。モダンな雰囲気も出て、部屋のさりげないアクセントにもなっています。

奥様こだわりのアイランド型キッチンを、LDKの中央に大胆に配置。ご夫婦団らんの楽しそうな様子が思い浮かびます。

お部屋の使用用途が最初から決まっている場合、設計の段階で机の高さや棚の仕様などを考えておくことが出来ます。こちらの造作棚はお父さまのお仕事のための完全オーダーメイドルームです。

寝室はゆったり落ち着ける空間に。壁には造作棚を2段つくり、調光可能なライトを設置。個性的な布目調のクロスにもこだわりが。デザインと機能を併せ持ちます。


■ご実家を、将来二世帯暮らしもできる「仕事場 兼 住まい」にリノベーション

京都市左京区の閑静な住宅街。お父様の代から引き継がれた3階建ての戸建てのフルリノベーションのご依頼を頂きました。「結婚しておよそ30年、子育てもようやく落ち着いて、夫婦の第2の人生を楽しめるような、遊び心のある家になればいいなと思っていた。」と私たちに語って下さったご主人。

そんなK様のご希望通り、今回のリノベーションではお家全体のイメージを一新。リフォーム前はいくつかのお部屋で構成されていた2階を、思い切って壁を取り払い、間仕切りなしの広々としたワンルームのLDKに間取り変更いたしました。


■こだわりのキッチンをLDKのアクセントに

部屋の主役となっているのは、印象的なアイランド型キッチン。
こちらはお客様と何度も打合せを重ね、デザイン・性能・コスト面のバランスが良く、家具までトータルコーディネートが出来るメーカーを選択しました。バックセットとダイニングチェアも同じメーカーの物で揃え、広いLDKに統一感を出しました。


■1階は高齢のご両親のためバリアフリー&使い勝手を考えた造作家具で

1階はご高齢のご両親がお住まいになるとのことで、バリアフリー仕様に。トイレや洗面室の扉も開口部を広くし、車椅子でも楽に生活できるようになっています。
また仕事場スペースは、使い勝手を考え間取りに無駄のないオーダーメイドの造作家具で、デッドスペースが無く、部屋を有効活用しました。


■ちょっとしたこだわりで家全体の雰囲気が向上します

「リゾートの様な」という理想をかなえるため、間接照明や無垢材を多く取り入れるなど、些細な箇所にも気をくばりました。“以前は白いクロスの標準的な家。今回は雰囲気をガラッと変えたかった”というお客様ご要望通りに仕上りました。ご満足頂けたようで、スタッフ一同とてもうれしく思っております。

築約80年の町家をフルリノベ。日常を楽しむ、をコンセプトにしたモデルハウス

京都市東山区七条 リフォシーモデルハウス

町家当時の「梁」をアクセントにした和室。寝る前のひとときを、極上の癒しの時間へ。

インテリアにもなるダイニングキッチンを部屋の中心に。アンティーク材の床を使用し、部屋全体が落ち着いた雰囲気に。

キッチン台を日常のダイニングテーブルとして使い、奥にテーブルとソファを置いた、ゆったりとした居間。

小さな物件だが、色彩や部材に統一感を持たせたり、壁にガラスに使用するなど、圧迫感を感じさせない。随所に建築士のこだわりがございます。

■リノベーションは、ライフスタイルも変える

リフォームは、物件を便利や快適にするだけでなく、人のライフスタイルそのものを変えることができると考えています。
毎日暮らす家、毎日帰る家が理想のものになれば、普段の生活はもっと輝き出す。
住まいを寝るための場所としてだけでなく『理想のライフスタイルに近づけるリフォーム』。 リフォシーの目指すところです。

■築約80年の町家をフルリノベーションしたモデルハウス

京都東大路七条。大通りから一歩入ったそこには、喧騒から離れた静かな空間が広がっています。
R'Fosyプロデュースによる、提案型町家リノベーションのモデルハウス。
古き佳き素材を活かしながら、新しい素材と融合させるスタイル。そこに居る人にとって、「日常」が「特別」となる、ゆったりした空間であることが大切です。
町家の息づかいを感じられながらも、時代にあう心地よい、大人の隠れ家です。

■夫婦の時間も、それぞれの時間も

このモデルハウスのテーマは、夫婦の時間も、それぞれの時間も大切にできる家。
設計のイメージは、共働きの若いご夫婦。仕事で帰りが遅くても、寝るまでの時間を楽しめるようにとデザインしました。リビングはアイランドキッチンを中央に配置。『食』というコミュニケーションの時間を、毎日楽しめるようにという想いを込めて。

細部に遊び心とこだわりが詰まった小さなモデルハウス

ダイニングキッチン&リビングを、住まいのメインにして、光を取り込む庭、それを眺める浴室。 寝室と、趣味の空間を分け、寝る前に本を読んだり話をしたり。
夫婦お互い違うことをしていても、少しの時間を大切に共有できるような住まいをイメージしたモデルハウス。
床で使っているアンティーク・フローリングを天井にも使用したり、一部当時の「梁」を残したり、細部に遊び心とこだわりがございます。
ぜひ楽しんでご見学にいらしてください。(要予約)

精密診断で耐震性能をアップ 間取りも一新させて広々LDKに

京都府 Sさんのお住まい

庭からの採光を活かす明るいリビング・ダイニングへとリフォーム。開放感いっぱいのオープンスタイルにしたことで、フロアが見渡せる空間へと生まれ変わりました。

和室だった場所は、日当たりのいい庭から光を採り入れて、ゆったりと過ごせるリビングへと一新。壁は一面だけ色を変えて、間接照明も施工するなど、デザインにもこだわりました。

市の助成金を活用して賢くリフォーム。構造上外せない柱は、デザインの一部に。

お子さんたちの「成長の証」が記された、背くらべの記録が残る柱も再利用。

■依頼先の決め手

もしもの災害に備え、市の助成金を使ってリフォームをしようと、耐震補強工事を得意とする会社を探されたSさん。資料請求に迅速に対応し、現場調査でも、床下や天井裏までしっかりと確認してくれたのが、リフォシー。「後になって追加費用を請求されないよう、きっちり確認してもらえたので安心でした。見積もりも分かりやすく、納得感があったのが決め手でした。」

■リフォームの内容

耐震性能は精密診断を実施することで、1階・2階ともにバランスを取りながらしっかりと補強。結露が気になっていた壁も断熱性をアップ。日当たりのいい和室側にリビングを設けたいという希望も、フルオープンのキッチンを提案し、ガラリと印象が変わる大空間へと生まれ変わりました。

築100年の古民家を再生、隠れ家フレンチレストランと大正モダンなプライベート・バー

京都市東山区店舗 レストラン高須賀・BAR椿

店内はしっとりと静かな空気が流れている。無垢材のカウンターと、漆和紙を使用した壁で、お客様を出迎えます。

アンティーク調のシャンデリアが照らす優しい光でお食事を。100年前当時の面影を随所に残しつつも、耐震リフォームはしっかり行っています。

二階に上がると「朱」の空間。 純和風の部屋×洋家具 の空間は、まるで大正時代にタイムスリップした様な気分に。

当時の紳士・淑女たちが、お酒を片手に談話を繰り広げた当時のサロン的なスタイルで、 お食事後の時間を楽める。天井を抜いて開放感を出しました。

■ゆったりとしたプライベートな時間を楽しめる極上レストラン

レストラン高須賀は、築100年の歴史ある建物をリノベーションした、フレンチレストランです。1日1組(4~6名)限定というスタイルで、訪れたお客さんはゆったりとした時間を過ごし、お食事やお酒をプライベート感覚で 楽しむ事が出来ます。

この古民家をリノベーションするにあたり、建物の空気感を活かすことを大切にしました。

■新しいものと古いものをバランスよく

町家リノベーションや古民家リノベーションは、ただ当時のまま再生するのではなく、新しいデザインや技術も調和させます。時にはアンティーク調の部材を追加したり、伝統素材を使用したりします。

こちらの店舗ではポイントで「朱」を用いています。木造の良さを引き立たせ、非日常空間の要素をプラス。デザイン時には、1つのテーマにとらわれすぎず、完成時のイメージを考えながら、バランスの良い空間に整えていくことを大切にしています。


■「空間」も商品になるような建築

レストラン高須賀/BAR椿 は、まさに「空間」と「コンセプト」がピタリと一致している空間に仕上がりました。
日常の喧噪から離れ、プライベートのひとときを過ごして頂く店にしたいと思っていました。 お客様1人1人に、この空間を丸ごと楽しんでいただけたら」と語る高須賀シェフ。
料理だけでなく「空間」も商品になるような建築を目指して設計しました。レストランはもちろん「お食事がメイン」ですが、そこに別の角度から付加価値を足す事ができるのは、建築家の醍醐味とも言えます。

古民家の良さを生かした一階と、大正ロマンの時代にタイムスリップしたような二階。訪れたすべてに人に、格別のひとときをお過ごしいただけます。

格式あるマンションを自由なスタイルにリノベーション

京都市上京区 Kさんのお住まい

シンプルな間取りだけに、素材を重要視しました。「石」と「木」のコントラストでリゾート感を演出。光が差し込み開放的なLDKに。

内装には機能性とデザイン性を両立したものを。室内には、“物を置かなくてもインテリアになる造作棚”を複数設置しました。

リビングへ入る扉は「引き戸」を採用。 木目を生かした重厚感のあるドアは、閉時にはドア横の気泡ガラスから採光ができる仕様に。建築士こだわりの一枚です。

毎日使う洗面台と鏡は広々とスペースを取り、使いやすさを重視しました。 担当者オススメの青いモザイクタイルで印象的な洗面台に。

■築年数のあるマンションの一室をフルリノベーション。扉を開けると別世界に

京都の街なかの、築年数の経った格式あるマンション。天井板や壁を撤去し、開放感と光のあるリゾートタイプのマンションへ全面リノベーションをさせて頂きました。

分譲マンションは自由度が高く、施主様の思い通りのお部屋にリノベーションが可能です。シンプルな間取りでも、フローリングやタイルなどの部材にこだわることで、ありきたりでないオシャレな雰囲気を出すことが可能です。今回はお客様のライフスタイルを考えた「暮らしやすいお部屋」に仕上げさせて頂きました。

■キッチン・ダイニングを囲んで生まれる家族だんらん

玄関扉を開けると、「石」の床と「木」の扉のコントラストを活かしたモダンな雰囲気。
開放感のある広いLDKの中央には、ダイニングテーブルにもなるアイランドキッチンを配置。それ自体がインテリアとして部屋の雰囲気を出しています。

仕事や学校が忙しいご家族でも、自然とダイニングに集まりやすく、コミュニケーションが取りやすい間取りです。お料理をしながら会話したりテレビを見たり。
ワンルームタイプのLDKですが、優しい色味のチーク木材のフローリングとの境には、低い段差を設けています。

■他の部屋は白で統一し、LDKとのメリハリをつけました。

LDKのリゾート感と雰囲気を一点し、各部屋は「白」を基調とした明るい部屋で統一しました。
お好きな家具等を、好きに配置していただける。すっきりとしたデザインです。

何度も打合せを重ね、お客様の理想を叶えながらも「暮らしやすいお部屋」にまとまったと思います。

「僕は猫。人と快適に暮らすために、理想の住まいをオーダーしたよ。」

京都市右京区嵯峨 「猫と暮らす」モデルハウス

壁にはキャットウォークが張り巡らされている。猫が歩きやすい幅・素材を考えて作ってあり、インテリアの一部にもなっている。

猫は日向ぼっこが大好き。太陽が差し込む安全なサンルームで、人も猫も、くつろぎのひとときを。

柱はロープを巻き付け、爪とぎ仕様になっており、猫が登ることも出来ます。壊れやすい照明などは避け、傷つきにくい床やクロスを選んでいます。

人と猫が楽にコミュニケーションを取れるように、ここの家具は背の低いものにしています。猫トビラ(左奥)などもあらかじめすっきりと設置してあり、トータルリノベーションの強みです。

■猫がリフォームを依頼したら?というコンセプトのモデルハウス

人も猫も快適な住まいであれば、お互いにストレスを抱えることなく、仲良く暮らしていける。

猫×人 のモデルハウスをご案内するのは、「猫との住まいアドバイザー」であるコンシェルジュ.ササイ。
自身も猫を飼っており、猫目線で考えた柔軟なリフォーム・リノベーションのご提案には自信があります。

猫と人がどちらも暮らしやすい住まいにとことんこだわり、オーダーメイドの造作家具のデザイン設計・製作を行ったり、 最適な素材を国内外から取り寄せたりと、猫×人 の快適な住まいを日々探求しています。「猫との住まいアドバイザー」「家庭動物管理士」の資格を取得し、専門的見解からの猫リフォームアドバイスをさせて頂きます。

■猫と人のための工夫がたくさん詰まっている

当モデルハウスは、猫と人がお互い快適に暮らすための 工夫がたくさん施されている住まいです。
こちらは昭和の住まいをフルベーションしたモデルハウスですが、マンションリフォームをご希望の方、 新築・増築をご検討の方も喜んでご相談に乗らせて頂きます。ぜひ京都・嵯峨の「猫と暮らすモデルハウス」へ気軽に遊びに来てください。(要予約)もちろん猫さんとのご見学も大歓迎です。

  • 見積依頼(無料)
  • お問合せ

リフォーム R’Fosy (リフォシー) の基本情報にもどる

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録