[更新日]2018/07/22

東京都 練馬区旭町

次世代同居の家づくり ラッケ

所在地 東京都練馬区旭町2-24-35
対応エリア 対応エリアを確認
TEL 電話をかける
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日 夏季・年末年始
サービスの特徴
【二世帯リフォームへ! 一級建築士がズバリお答えします!】

「家をつくるコトは、家族の幸せをつくるコト」

楽家=楽のある家

Lakkeという社名は、「楽家= 楽のある家」という意味からきています。
この「楽」には、ご縁があって知り合った皆さまにお約束する3つの想いが込められています。

1 楽 = 家族を「支える」存在であるコト
2 楽 = 家族の「快適」を実現するコト
3 楽 = 家族の「幸せ」を創造するコト

ラッケは、このような想いとともにあなたの「たった一つの家づくり」をお手伝いします。

Lakkeの創業ストーリー

「なぜ 離婚になってしまうんだ・・・」

1996年 

世の中がアトランタオリンピックの「マイアミの奇跡」に湧き上がっている最中、弊社代表の金内浩之は建築学科卒業後に旭化成ヘーベルハウスの設計者として、埼玉県所沢市で住宅設計者としての道を歩み始める。

2001年
妻の両親との二世帯同居住宅を検討開始。
東京練馬の地で土地探しから始め、自身の設計により建築。初めて家を建てる立場となり、建築会社・不動産業者との意思疎通に苦労する。


「今までのやり方はこうなんです!」
「はぁ…。(なんで、こちらの意見を聞いてくれないんだ…)」

と、日韓ワールドカップのサッカー特集のTVを見ながら、悶々とした日々を送っていた。
さらに同居に関して実父への配慮不足、誤解が生じたことで家族関係にも亀裂が生じ、同居しない親族への配慮も必要であることを経験する。

「長男のおまえを婿にだした覚えはない!」
「うっ・・・。」

その後紆余曲折あり、妻の両親との同居住宅が完成。苦労はあったものの満足のいく住まいが出来上がる。

この時の経験を活かし、以降は自分が逆の立場である設計者として顧客にアドバイスすることで、同居住宅で起こり得るトラブルを未然に防いだ。
その結果、お客様アンケート「設計満足度評価」関東エリアNo.1に選ばれる。特に家族間の意見調整が難しいとされる二世帯同居住宅などを中心に、設計者として16年で400棟の実績を残す。

そんな毎日を送る中、ある出来事がきっかけで人生の転機を迎える…


 日々、業務が多忙を極め深夜残業の会社生活が続いたある時、なぜか会社の同僚が立て続けに離婚に至ってしまう。その理由を知り、愕然とした・・・。

「終電までに帰らないと、奥さん怒っているんじゃない?」
「そうなんだ。でも帰りたいけど今日中に終わらせないと…。」

 当時の同僚の生活スタイルも、深夜帰宅で早朝出勤。家に一人残された奥さんが、母子家庭のように家事や育児に奔走する日々をおくる毎日。なんでも夫婦共々、心身疲れ果て、家庭生活が崩壊していた実情を聞き、家族のために!とがんばっていた、同僚の切なさを強く感じる。


 親子世帯が一緒に住むことで、家事をシェアし、困ったときには助け合う事が出来るのが二世帯住宅。自身の自宅で経験する母・娘が助け合う生活スタイルをうまく取り入れることで、同僚の様な悲運は避けられるのではないか、また少しでも世の中の共働き夫婦の生活を改善できるのではないかと思案する。

2012年
自身の同居生活の経験と住宅設計者としての実績を組み合わせて、共働き夫婦との二世帯同居住宅に特化した住宅設計・施工の会社「株式会社Lakke(ラッケ)」を起ち上げる。Lakkeとは顧客が住まう家が「楽しい家」になるように願いを込めて名付けた名前である。

 家族が助け合いながら、自由な自分時間を生み出す生活スタイルを広めたい、お互いの世帯を尊重しつつも、独立したライフスタイルを送ることが、ストレスのかからない理想的な二世帯住宅と考える。

二世帯における家族間のトラブルを最小限にし、「親子が仲良く暮らす家づくり」で顧客の家族仲を、より良く改善するために日夜奔走中。

「生活スタイル診断」が、二世帯住宅のコミュニケーションを科学する。

「生活スタイル診断」例

株式会社Lakkeでは今の住まいを活かし、親子が仲良く暮らす仕組みをお客様のご家族それぞれの個別取材や客観的情報を元に、最適な住まい造りをご提案しております。

日本の住宅事情の問題点や本来あるべき二世帯住宅・同居住宅の姿をお示ししながら、お客様独自の「生活スタイル診断」をさせていただきます。具体的には
① 家族全員の生活パターンを科学的に分析し、最適な部屋割り、スペース、ゾーニングをご提案。
② 世帯間のコミュニケーションが活発に生まれる仕組み。
③ 同居時に必要とされる同居のルールを決める仕組みがあるため、特定の家族に過度に負担にならない仕組み。

同居することで、親子で仲良く暮らすプロセスを判りやすくご提示して、ご家族全員がご納得いただける住まい造りをご提案します。

Lakkeは家づくりに関するコストのみ。「家づくりの直販」です!

Lakkeは「家づくりの直販」です。

Lakkeは家づくりに関するコストのみです。販管費もほとんど掛けてません。言わば「家づくりの直販」です。比較として、某工務店では営業マンが直接職人に指示していますが、建築士=デザイナー不在で、はたして良い家が出来るでしょうか?また、大手ハウスメーカーや大手チェーン店では、営業マンの人件費、展示場の賃貸料、広告コスト、ショールームの運営費用(家賃)などが、少しずつ施工費に付加されています。もし、「相見積で総額が同じ」ということは材料費で調整するしかありません。

住宅リフォーム瑕疵担保責任保険について

住宅リフォーム瑕疵担保責任保険 5つの安心

住宅リフォーム瑕疵担保責任保険(かしたんぽせきにんほけん)について

工事業者が倒産したらどうしよう・・・
工事の後に瑕疵(かし)・欠陥が見つかったら・・・
確実な工事が行われているのだろうか・・・

工事金額が大きくなるほど不安も大きくなっていきます。

審査基準をクリアし、リフォーム登録事業者である株式会社Lakkeの工事はリフォーム保険付き。右の5つの安心が得られます。(原則工事金額500万円以上)

FP(ファイナンシャル・プランナー)とホームインスペクター(住宅診断士)資格を有しております。

FP(ファイナンシャル・プランナー)とホームインスペクター(住宅診断士)

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは、日本FP協会が認定する資格です。
FPは、家計に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識を備え、一人ひとりの将来の夢がかなうように一緒に考え、サポートする専門家です。株式会社Lakkeでは、このFPによる住宅リフォームの資金計画やご家族の成長とともに必要になる大事なお金の計画を含め、住まい造りのお手伝いをしております。
日本FP協会

ホームインスペクターとは日本ホームインスペクター協会が認定する資格で、いわば住宅の「かかりつけのお医者さん」です。ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、耐震診断などで、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。株式会社Lakkeでは、この公認ホームインスペクター(住宅診断士)の資格を有しておりますので、大切なお住まいを的確に診断させていただき、安心・安全で無駄の無いリフォームをご提案できます。
NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会

● 他のリフォーム業者を探す

便利なマイページ登録はこちら

次世代同居の家づくり ラッケ(東京都練馬区旭町):魅力と特長

対応エリア

次世代同居の家づくり ラッケ

埼玉県

  • 朝霞市
  • 和光市
  • 新座市

東京都

  • 新宿区
  • 文京区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 清瀬市
  • 西東京市

0339308839

マイページ登録はこちらから