性能向上リフォームのススメ

登録事業者数
972
(2020年10月27日現在)

性能向上リフォームのススメ

口コミで見つかる、理想のリフォーム会社 リフォーム評価ナビ

エリア選択

ログイン

メニュー

性能向上リフォームのススメ 愛着あるわが家をもっと安心・快適な住まいへ 性能向上リフォームのススメ 愛着あるわが家をもっと安心・快適な住まいへ

性能向上リフォームとは?なぜ必要なの?性能向上リフォームとは?なぜ必要なの?

性能向上リフォームとは、耐震性、省エネ性、バリアフリー性などの住宅性能を高めるリフォームのことを言います。所定の条件を満たせば、補助金や減税などが受けられる場合があります。愛着のあるわが家に性能向上リフォームを行って、より長く安心・快適に住み続けられる住まいにしませんか。性能向上リフォームとは、耐震性、省エネ性、バリアフリー性などの住宅性能を高めるリフォームのことを言います。所定の条件を満たせば、補助金や減税などが受けられる場合があります。愛着のあるわが家に性能向上リフォームを行って、より長く安心・快適に住み続けられる住まいにしませんか。

耐震リフォーム

こんな住まいには、耐震リフォームがおすすめ!

  • わが家は、1981年6月以前の建物(旧耐震基準)だ。
  • 家の一面にだけ大きな窓があり、壁が少ない。
  • 家の中に、大きな吹き抜けがある。
写真:耐震リフォームイメージ

どうすれば安心?

  • リフォームで2000年6月以降の最新の耐震基準に合わせることが重要。
  • 壁や柱を補強して強くする、屋根を軽い素材に変えるなど建物の重量を減らすと、耐震性もアップ。
  • 専門資格を有する建築士に耐震診断を行ってもらえば、住まいの耐震性能を確認できます。
  • まずは耐震リフォームに対応できるリフォーム事業者に相談してみましょう。
写真:耐震リフォームイメージ

条件を満たすリフォームで、所得税の控除や、固定資産税の減額・補助金が受けられます。

省エネリフォーム

こんな心配には、省エネリフォームで解決!

  • 冬は脱衣所が寒いので、温度差が原因で起きる「ヒートショック」が心配。
  • 夏冬の冷暖房費がかさんで、家計的にも大変。
  • 冬、窓などにできる結露に悩まされている。
写真:省エネリフォームイメージ

どうやって解決?

  • 窓を、断熱サッシに交換したり二重窓に変更すると、断熱に有効。
  • 屋根や壁、床下などに断熱材を施工すれば、冷暖房効率もアップ。
  • 熱効率のよい給湯機に交換すると、光熱費の節約にも。
  • まずは省エネリフォームに対応できるリフォーム事業者に相談してみましょう。
写真:省エネリフォームイメージ

条件を満たすリフォームで、所得税の控除や、固定資産税の減額・補助金が受けられます。

バリアフリーリフォーム

こんなお悩みには、
バリアフリーリフォームで安心!

  • 浴室やトイレで、立ったり座ったりする動作がつらい。
  • 敷居の段差につまずいて転んでしまった。
  • 高齢になっても、今の家で安全に暮らしていけるか心配。
写真:バリアフリーリフォームイメージ

どうすれば安全?

  • バリアフリーの基本は、「手すりの設置」と「段差の解消」。
  • 廊下や部屋の出入口の幅を広げれば、車いすでも利用しやすく安心。
  • 廊下などに足元灯を取り付けると、夜間の転倒防止にも有効。
  • まずはバリアフリーリフォームに対応できるリフォーム事業者に相談してみましょう。
写真:バリアフリーリフォームイメージ

所得税の控除や、固定資産税の減額の他、自治体などで補助金が出たり、介護保険を利用できる場合もあります。

さらに、住まいの寿命を延ばすために!

その他にも、住まいの寿命を延ばすリフォームがあります!

耐久性を高めるリフォーム

  • シロアリの被害や、天井の雨染み、
    外壁のひび割れがあったらリフォームのサイン。
  • 住まいを長く使用できるようにするには、
    構造躯体の劣化対策が必要です。
  • 構造材の補修・交換・補強、屋根や外壁などの防水性や通気性を高めるリフォームを行うことで耐久性が向上します。
写真:住まいイメージ写真:住まいイメージ

維持管理・更新がしやすい

  • 住まいの劣化状況を日常的にチェックし、適切なメンテナンスをすることが、
    住まいを長持ちさせることにつながります。
  • 住宅の点検がしやすいよう、天井や床下の点検口の設置等を行います。
  • リフォームを行った際は、「住宅履歴情報」として記録に残しておきましょう。

性能向上リフォームにも利用できる優遇制度性能向上リフォームにも利用できる優遇制度

ご存知ですか?長期優良住宅化リフォームご存知ですか?長期優良住宅化リフォーム

質の高い住宅ストックの形成や子育てしやすい環境の整備を図るため、既存住宅の長寿命化や三世代同居など、 複数世帯の同居の実現に役立つリフォームに対し、国が費用の一部について支援する事業です。

補助対象費用

  • 性能向上リフォーム工事に要する費用
  • 三世代同居対応改修工事に要する費用
  • 良好なマンション管理対応工事に要する費用
  • インスペクション、住宅履歴情報の作成、維持保全計画の作成等に要する費用

補助額

  • 補助率:1/3(上記の補助対象費用の1/3の額が補助されます)
  • 補助限度額:リフォーム後の住宅性能に応じて補助限度額が設定されています。
リフォーム後の住宅性能 補助限度額
長期優良住宅(増改築)認定を取得しないものの、一定の性能向上が認められる場合 100万円/戸
(150万円/戸)
長期優良住宅(増改築)認定を取得した場合 200万円/戸
(250万円/戸)
②のうち、更に省エネルギー性能を高めた場合 250万円/戸
(300万円/戸)

( )内は、三世代同居対応改修工事を実施する場合
出典:住宅リフォームガイドブック(一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会・国土交通省住宅局 発行)

  • リフォーム問診票
  • プレミアム事例を見る
  • まずは見積依頼から!
  • 充実の機能をすべて無料で!無料マイページ登録