Professional.20 株式会社リビングワーク(北海道札幌市)

「生活者の視点で、住まいづくりをきめ細やかにお手伝いしたい」
そんな一人の主婦建築士の思いから誕生した株式会社リビングワーク。
デザインと断熱・気密にこだわり、優れた住宅性能を実現する彼らの住まいづくりとは。

きめ細やかな提案でバリアフリー住宅にも対応
文字サイズ変更標準大特大

これまでリフォーム業に携わってきて、一番印象に残っている事例やエピソードを教えてください。

山川さん:最近でこそ中古住宅を購入してフルリフォームする若いお客様も増えてきたのですが、会社を設立した頃は、フルリフォームを希望するお客様は熟年の方がほとんどだったのです。ちょうどその頃、バリアフリーという考え方が一般的になってきたこともあって、お客様から「バリアフリーにしてください」とか、「将来を見据えて介護が必要になったときにも対応できる住まいにしてください」という要望が非常に増えてきて、数多くの事例を手掛けてきました。それで、もう10年くらい前になりますが、奥様が足を悪くされていたので、エレベーターも導入して、まったく段差がなく、介護の人が訪れたときにも他の生活空間と動線が交錯しないような住まいをつくりました。この事例は、完全バリアフリーで在宅介護ができる家として、テレビ番組でも紹介されました。いつまでも住み続けることができる家を実現できたという点でとても印象に残っています。その他にも、寝室からトイレに半歩で行けるようにしたり、トイレやユーティリティーを介護しやすいようフルオープンにしたり、マンションを車椅子用にリフォームするなど、バリアフリーの仕事をたくさんさせていただきました。

バリアフリー住宅のノウハウが豊富にあるということですね。

山川さん:実は、収納計画や動線計画などきめ細やかな提案をしていると、それと全く同じ感覚でバリアフリー住宅もできるのです。これから在宅介護の時代になってきましたので、今後力を入れていきたいと思っています。

その他、自然素材を得意とするとのことですが、お客様はどのような理由で自然素材を選ばれていますか。

山川さん:弊社で主に使用するのは、パイン材や道産材のトドマツ、ナラ材です。珪藻土も早くから使っていて評判は良いですね。自然素材を用いるのは、意匠性や調湿作用を求めて使うケースが多く、その中には、アトピーなのでという方もいらっしゃいます。自然素材でどうしてもやりたいというお客様は、比率的には少ないですね。でも、部分的にでも使用されるよう、できるだけお勧めするようにしています。やはり人間も自然の一部ですので、自然素材が一番安らぎますし、家の中に使うのはとても良いと思っています。ご予算の範囲内で取り入れて楽しんでいただけるようにしています。

「毎日快適に生活できること」が、住まいづくり最大のポイントであるとのことですが、どのようにすれば、そのような住まいを実現できるとお考えでしょうか。また、その実現のために、お客様への提案で心掛けていることがあれば教えてください。

山川さん:北海道の場合、『断熱・気密』で冬暖かくするということがまずあって、逆に夏はエアコンに慣れてない方が多いので、太陽の光や熱、風といった自然の恵みを上手に採り入れる『パッシブデザイン』という考え方で、通風や日射をコントロールして快適に過ごせるよう設計しています。北海道であっても11月末まで暖房なしで暮らせる家をつくった例もあります。(右写真 K様邸) 第二に、間取り、ゾーニング(家の中の空間を部屋単位ではなく、機能や用途別にいくつかのゾーンに分けて、暮らしやすいよう効率的に配置すること)をライフスタイルに合わせてご提案するということです。さらに、お客様自身がお気づきにならないような部分も、プラスアルファの提案をするようにしています。そして、その他に照明や色彩計画、インテリア、あと大事なのは収納計画ですね。そういったことに加え、最後の仕上げとして、内装材に自然素材を使って良さを味わっていただく場合もあります。また、将来を見据えて、何度もリフォームや増築が必要になったりしないよう、長いスパンでのアドバイスをすることも心掛けています。もし一度で実現するのが難しいようなら、何回かに分けて計画的に行うようなご提案もしています。

リフォーム評価ナビでは公正・中立な立場から、お客様の声として「口コミ」を紹介していますが、このような「口コミ」が書かれることについて、どのようにお考えでしょうか。

山川さん:多くのお客様は、どこにどういうリフォーム会社があるのか分からない状態からスタートして、いい業者を真剣に探していらっしゃるわけです。そのような中で、実際にその会社が施工したお客様の家を見ることができたり、あるいはその施主の方の評価を見ることができるというのは、とても参考になるようです。同時に弊社としても、お客様の評価で低かった部分について、思い当たるところは反省して改善していくようにしておりますね。

積極的にセミナーなどのイベントを行っていますが、その内容を具体的に教えてください。

山川さん:リフォームは何度でもできることではないので、お客様に当社の最新リフォーム実例をご紹介して、リフォームを成功していただけるようアドバイスをするようにしております。意外と知られてない一番大きな買い物と言われている住まいの性能の話など、参加して良かったといって帰られる方も多いです。その他、完成見学会や相談会も定期的に行っています。

御社では戸建て住宅のリフォームの比率が高いようですが、今後はマンションなど集合住宅も扱っていく予定がありますか。

山川さん:現在、弊社では不動産業も行っておりまして、中古住宅の売買もしています。これは、中古住宅を購入してリフォームを行うところまでワンストップでできるようにという考えから始めたのですが、そういった要因もあり、ここしばらく戸建て住宅の比率が高くなっています。しかし、もともとマンションのリフォームも手掛けていてそのノウハウもあります。今年はマンションのフルリフォームも増えてまいりました。

山川美千代さん 様々なリフォームコンテストなどで受賞。店内には多くの受賞トロフィーや賞状が飾られている。
株式会社リビングワークのプロフィール詳細はこちら

Professional.20 株式会社リビングワーク(北海道札幌市)|リフォームの匠たち